2012年 05月 26日

グリーンプレート

初めての山口…

山口に来たのは…昭和59年だったでしょうか、もうC58が引退したあとだった。
ここはお立ち台の通称豚小屋カーブ、大引越のカーブですね、まだ沢山のススキが生えてます。
鉄道雑誌を見てここには来たいと思っていたポイント。しかし、当時はまだ学生の身、仁保駅か
らの徒歩…どうしても撮ってみたいポイントだったので朝早くからの行動だったと思います。

今や超定番のポイントですがこの日は誰もいなくて独り占めでした。ほんとにここにSLが来るの
かと不安にもなりましたが時間がたつとしっかりとしたドラフト音が聞えてきました。
病気になった瞬間でしたね。

煙は爆とは言えませんが山合いに木霊するドラフト音と、汽笛。最高でした。
もう見ることは無いでしょうね~プレートの色は緑色です。
1984-9 9521レ 小河内
f0233120_12474944.jpg

1984-9 9521レ 二反田
f0233120_1820329.jpg

イン側にある保線小屋が豚小屋の所以です。
f0233120_2019095.jpg

*私のスキャナーは6×4.5以上ポジは取り込めないので手抜き裏技でデジタル化しましたので
荒い作品になっております。
特に三枚目はプリントからの取り込みの為それ以上に荒い画像になっています。

by DF501C571 | 2012-05-26 12:47 | 過去 | Comments(8)
Commented by Qチャン at 2012-05-28 00:04 x
2枚目は二反田Sですか?
30年前の貴重な写真をありがとうございます。
昔は仁保駅からここまで歩きの人が多かったんですね~
そんな苦労をして初めて撮った1枚は、最高の思い出だと思います。
大引越のススキが良いな~。ここで豚を飼ってたんでしょうか?
自分ももっと早くから鉄に目覚めてれば良かったですわ...
Commented by DF501C571 at 2012-05-28 13:07
Qちゃん
こんにちは~懐かしい一枚です!
私自身ももう少し早くに訪れていたならC581にも出会えたんですが
その頃は四国へDF50を撮りにいってましたね~

昔からの鉄ちゃんならみなここを豚小屋カーブって言われていたのを
訳も知っているんですが…
これには写っていませんが昔イン側に保線小屋があったんですがそ
れを豚小屋と呼んでいたようです。

ここ山口線には他にもいたるところにそういった保線関係の小屋?
倉庫?みたいなのがありました。

後ほど写っているのをスキャンしてアップしてみます。
Commented by Qチャン at 2012-05-29 02:37 x
解説ありがとうございます。
豚小屋=保線小屋なんですね。
おかげで疑問が解けましたですよ~
そういえば今でもイン側に少しスペースが有りますよね。
3番目の様な構図をほとんど見掛けないのは、
皆さんこの小屋をカットして撮ってたんでしょうね。
Commented by まっさん at 2012-05-29 15:58 x
懐かしいね緑プレート!
(しかし綺麗なぁスキャナーですか?)

昔は豚小屋や田代直線は もうススキが
たくさんあったよね 今じゃ考えられないね

わての緑プレート写真は色あせて・・・・・ネガ行方不明笑
Commented by DF501C571 at 2012-05-29 16:53
まっさん
スキャナーは6X4.5や6X7は取り込めないんですよ~
裏技でもなんでもないんですが窓に貼り付けて複写です。W

ポジで6X7だとなんとか見れる画像としてデジタル化?に出来ます。
35だと…もともとのピンがあまいとあきませんね~W
Commented by まっさん at 2012-05-29 17:16 x
なるほど。
わては手抜きでプリントを複製
しかしかかし色悪いねん(退色)

銀塩カメラしかなかった頃のあの頃・・・・
カラーフイルムやモノクロトライXやリバーサルでも撮ったなぁ
今じゃ撮っては消せるデジタル時代になったから
あの頃から比べたらコスト格安ですよね~

Commented by dera at 2012-06-01 09:32 x
すんばらしい貴重な画像ですね。
初めて大引越しの小屋を見せていただきました。
豚ですか~何頭入ってましたかねぇ?(笑)

煙の出方も最高で、ええもん見せていただきました。
裏山貴重画像を感謝です。


Commented by DF501C571 at 2012-06-01 13:20
deraさん
そんなことありません…ただ昔に撮ったことがあるってだけですから
古い貴重な画像をお持ちの方はいっぱいおられますから…

今、しっかりと抑えていたらまた何年か後には貴重になるかもよ~


<< 懐かしい一枚      2012年5月 C622号機 >>