2013年 11月 06日

山口線 島根県側の被災レポート

高峰、牧ヶ野、白井の現状…
         9522レ有名撮影地も…


*いち鉄道ファンが個人的に見て思ったことを書き綴っていますがお許し下さい。また、携帯で撮影して
いますので若干粗い写真もありますがご容赦ください。

SLがんばろう「山口、津和野」号が区間運転されると聞き撮影は勿論ですが山口方面に行く機会が出来た
ので気になっていた白井地区方面にも足を運んで見ることにした。
白井の里と呼ばれる場所はレールがめくれ上がっている写真をよく目にして有名だが全体的にはよく分から
かったが行って自分の目で見てみると…トンネルも土砂で埋まっているようだ!
f0233120_22331169.jpg

このカットはよく見た場所からだが…これで非常さがわかるだろう。
SL茶屋から見るとこのように更地寸前です。
f0233120_22361294.jpg

下には降りれなかったので…左に見えるがワンちゃんがいたMさん達の住居です。
f0233120_22362249.jpg

かなり退いて見た感じだがわかりますよね?簡易駐車場すらありません、お墓も流されているようです。
f0233120_22381753.jpg

これはあの枕木でできた橋に腰掛けて撮ったやまぐち号です。
それが今は…
f0233120_22392388.jpg

f0233120_22394573.jpg

これで白井地区の酷さが伝わっただろうか…しかしここだけではないのです。
津和野からここへ来るまでのレポートもアップします。

三日の9521レ撮影後直ぐに津和野へと向かった。駅前ではバスで訪れる観光客の為に神楽の舞など
が披露されて歓迎をしていた。
その中に白井でお世話になっているmさんの姿を見つけることができ声をかけさせてもらってきた。まだ
まだ大変だがSLのように一歩ずつ前に進むしかない!と、元気な姿でした。
でも、街中は天気も雨ということもあってかなり静かであった。…初めて津和野銘菓源氏巻を買った。w

車を白井方面へと走らせる津和野川が氾濫したと思える景色が見え始める。…
先ず目に飛び込んできたのはニュースでも目にしたローソク岩の下の道だ!第二神田トンネルへの
ルートでもあるが…ここも酷い!
f0233120_22513198.jpg

f0233120_22514598.jpg

ここの右手上に第二神田トンネルがある。やっぱりここにあった一軒家は崩壊していたんだ…
f0233120_22522036.jpg

この右手上がローソク岩へのルートになるあたりになります。
第二神田トンネル俯瞰から見た以前のこの辺は…あんな細い川が氾濫
f0233120_22544729.jpg

つぎに…第二神田と第一神田トンネル間は
f0233120_22563722.jpg

ぶれた写真ですが築堤と田んぼへの橋は無事のようですが下の田んぼは壊滅です。
f0233120_22572995.jpg

ここは反対側(旧道側)の斜面が崩れていた。美味しい湧き水があったところです。
f0233120_22582316.jpg

元の姿はこの崩れた山斜面から見下ろした写真です。
f0233120_22591486.jpg

その先へ…牧ヶ野カーブ…ちょっとした駐車スペースがあるところですが…よくここで弁当を食べたなぁ~
そこから築堤へ目をやると…
f0233120_23234.jpg

通称57カーブ俯瞰の築堤だがこのあたりの山はかなり土石流が発生していた。
ここにあった二本の杉がなぎ倒されている!かなり線路に土砂が崩れているに違いない。
f0233120_2344018.jpg

その57カーブと呼ばれていたポイントから築堤を見てみると…
f0233120_2352652.jpg

また少し登っていくと牧ヶ野地区に…道路と線路築堤との間にあった田畑は壊滅状態、ただゴロゴロした
岩と川があるのが判る。田んぼに渡る橋も流されている。
f0233120_2384480.jpg

以前どうだったのか?…思い出せない…こんなところまで大きな流木が散乱していました。
f0233120_239432.jpg

そしてここが高峰トンネルへと入っていく牧ヶ野ミニZの下です。少し路側帯が広いところですね。
f0233120_23101068.jpg

紫陽花の群生も勿論流されてありません。
そこから上手を見てみると…
f0233120_23114222.jpg

ここは白井築堤サイドになるところです。民家裏の斜面からお手軽に築堤が狙えたポイントあたりです。
f0233120_23115566.jpg

f0233120_23153728.jpg

ここから被災前最後に撮影させてもらった場所です。家主のiさんはお元気で無事とのこと。
f0233120_23315372.jpg

f0233120_231583.jpg

もうこの美しい里山は元には戻らないのだろうか…
f0233120_23172013.jpg

竹藪辺りもかなり斜面が崩れていた…山にすら入るのが危険な状態でもあった。
f0233120_23183882.jpg

と、あとは白井の現場に到着したのだが…息子と二人…あまりの悲惨さに言葉…会話もなく「え~!」
の連発でした。

これで個人的勝手なレポートは終わりですが訪れて見て私に出来ることは祈ることばかり…

地元の方の生活は電気、水道、ガス…道路となんとかやっていけてると聞きました。
しかし地域の足の鉄道はまだまだどころか全くの手付かず、ほんとどうなるのだろうか…
今月半ばからJRも入っての復旧が始まると聞きました。昔の姿どころかとにかく鉄路が復活するの
祈るばかりでした。

*偏ったレポートかもしれませんが見たままに思ったままにアップしました。

by DF501C571 | 2013-11-06 23:27 | 親子 | Comments(6)
Commented by タブレット at 2013-11-07 18:31 x
僕も同じところを見て回って
水そして土の力のパワーを思い知らされたです
僕が見た時よりは道路や河川や田畑はずいぶんと片づけもすすんだように見えます
倒木の山はすごかったですからね
重機がはいってからははかどったのでしょう

お金と段取りもめどがついて あとは 着々と復旧工事がすすむことでしょう

安全が一番 そのあとに景観がつけばゆうことありません
もうすぐきびしい冬です
事故のない復旧工事を祈ります

見たことのない人にとっては貴重なレポートですよ
お疲れさまでした
Commented by きゅーたろ at 2013-11-07 19:00 x
実はまだここには災害以来行ってないのです。
DFさんのレポートで、様子が良く掴めました。ありがとうございます。
この辺りの風景に華を添えていた水田が、ほとんど壊滅していますね。
出来るだけ再生してもらいたいのですが、地主さんの意向次第では
このまま原野に還る事になるかも。
昨今の農業の状況では、厳しいでしょうね~
Commented by 白いかもめ at 2013-11-07 21:46 x
ひさしぶりの山口で、忙しい合間をぬっての
災害レポート、お疲れ様でした。

自分はまだ行ってないのですが、こうして見るとあらためて被害の
大きさと深刻さを、実感させられます。

地域の方たちにとっては、ライフラインの確保とやはり生活の足
となる、鉄道の復活は待ち遠しいことでしょうね。

鉄道の復旧も本格化されるようですが、やはり災害に強い街づくり
が急務でしょうね。
いつか必ず、線路はつながる・・・・
待ちましょう、それまでは。
Commented by DF501C571 at 2013-11-07 22:35
タブさん
私もその一人だったかも…
喉元すぎれば熱さも…気にはなっていましたが2日のSLを見て少し
忘れていました…酷い傷跡ですよねやっぱり。
勝手なもので激しい衝撃を受けました。
ほんとはやく傷跡がなくなればいいですね。
Commented by DF501C571 at 2013-11-07 22:38
きゅーたろさん
そうだったんですか?でも、一度見たらあまり行きたくなくなります
よね。
tpp問題やらで農家は大変な転換期だけにほんとに田んぼがなくなる
かもしれませんね…移住して農業教えてもらおうかな…w
緑に覆い隠されるのは早いでしょうね。
Commented by DF501C571 at 2013-11-07 22:43
かもめさん
ただの鉄道ファンの目で見ただけの範囲ですから…全体にみたらも
っと広い範囲が被災されているのでここだけってわけにもいかないで
しょう。
いままで優しく迎えていてくれた地域、地元の方々に感謝ですね。


<< SLがんばろう「山口、津和野」...      SLがんばろう「山口、津和野」号 >>