2015年 05月 20日

2015年5月 SLやまぐち号 連休最高のシーン

予感...

レリーズボタンに指をかけ、ファインダーを覗きその瞬間を待つ。
ドキドキわくわく...鉄道ファンになった時の気持ちといつも変わらない。
特にSLはドラフト音がその気持ちを一層掻き立てるのだが今回は特別だった...!
2015-5-3 山口線 田代直線 9521レ
f0233120_22345827.jpg

ドラフト音がひときわ大きくなった時...姿が見え?てきた...煙と蒸気が押し出されてきた!
f0233120_22362720.jpg

ドヤ顔でやまぐち号が出てきた!後は舞台花道を行くように田代直線を駆け登って行きました。
ここ数年、俯瞰撮影が多い中、天候を理由による線路端での撮影。久し振りの迫力ある素晴らしいシーン
に出会えました!



by DF501C571 | 2015-05-20 22:45 | 親父 | Comments(4)
Commented by サンロー at 2015-05-22 17:31 x
飛出す前の人の鼓動にも聞こえるあの息づかいは神秘的
に聞こえ、何かの生命の誕生を「予感」させてくれます。
激しいドレーンに包まれて..そして長い汽笛..これが
赤ちゃんのオギャーにも聞こえます(笑)。
最後に手を振るシーンも様々な人間模様を感じますね。
感動のシーンを共有できて嬉しかった~w。
Commented by 博多の素浪人 at 2015-05-23 12:56 x
俯瞰撮影の経験値が豊富だからこそ線路端での絵も一味違うものとなるのだと思います。俯瞰撮影は立ち位置の発想の自由度が高いから、その感覚を線路端でも発揮するのだと思います。
Commented by DF501C571 at 2015-05-25 23:25
サンローさん
まさにそうですね!W
例えがいいですね~
俯瞰撮影は待ち時間も結構癒されたりと風景と楽しむ時間
がありますが、躍動感を感じるにはやはりこの距離間ですね!
Commented by DF501C571 at 2015-05-25 23:29
素浪人さん
私は俯瞰では...どう切り取るか?って考えてしまうん
ですよね~切り取れないですよね?だんだんメイン被写体が
小さくなっちゃいますね...汗
線路端も博打感ありですよ!煙がどうなるかを予測してスペ
ースを開けて...上手く収まった時は最高ですよね!?


<< 2015年5月23日 福知山線      2015年5月 福知山線381... >>