ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 30日

2016年GW 俯瞰三昧6

篠直俯瞰…

昔々…杉の植樹直後、いたる所で篠目直線を見下ろすところがあった…
今はここから直線部が僅かに見える…
2016-5-4 9522ㇾ 篠直QT俯瞰
f0233120_22142788.jpg

僅かしか見えない瞬間に空転?残念~W
f0233120_22171666.jpg

よく似たポイントもあるがこの直線でC571を見たかったが…
ここも季節を変えて天候の違うときにまた訪れてみよう。
f0233120_2218573.jpg

もっとここの谷筋が煙で溢れる事を期待して…これは次の課題としよう。
今回の行脚はこれにて終了、連休はまだまだ二日もあるが帰阪途中、大渋滞に
つかまりたくないし休み明けの仕事の為?いやいや休養の為に少し早く切り上げる
ことにした。
休みが明けたら仕事という山が待っていた~泣
ようやくGWの作品を全てアップ完了、時間がだいぶ過ぎてしまいましたね!
次は梅雨時…明けた頃か?すでに行きたい病も併発してしまった!!W

今回も沢山の方々と楽しい時間を過ごすことができまし、新しいい場所でのファーストカット
もありで充実したGWでした~みなさんありがとうございました。



by DF501C571 | 2016-05-30 22:22 | 親父 | Comments(17)
Commented by ぽんちく紀行・とち at 2016-05-31 20:38 x
こんばんは
休みが終わったら…、そして次の撮影予定…
似たような現実と期待は共通ですね(笑)
下界でお別れしてから、このような所で新緑の山を駆け昇って来るやまぐち号を撮られていましたか!
陽射しを受けた新緑も鮮やか、見下ろす光景は見事の一言に尽きますね♪
季節などの条件を変え、次が楽しみといった所でしょうか?
お疲れ様でした~
Commented by きゅーたろ at 2016-05-31 21:05 x
やっと登場ですな!
篠直俯瞰ファーストショットですね。
有るのか無いのか?暗中模索の探索でしたが、
なんとか成果が出せて良かったです。
しかし、遠い小さいですよね~
ホワイトバレーと区別出来る人が、いったい何人居る事か?
次回はもっと長く見たいね(^^)
Commented by タブレット at 2016-05-31 21:42 x
こないだのことだったから 判別できました
うん 確かにこの風景 この目で見ました

なんとクリアーでやはりキラキラしてます
空気中にはなにも邪魔するものがなくて光があふれてたんですね

開発にかかわった方みなさんにパチパチパチ
そして後押ししてくれた竹さん 連れてってくれたきゅーさんに感謝です ありがとぉ!
Commented by Int14jpn118 at 2016-06-01 00:44
先日、偶然34年??前の篠目直線を撮影したネガを家の
押入れから発見しました。当時この地を詳しく知らなかった
私でも撮影しているということは、このころから、この地は
山口線の代表的な撮影地として認知されていたのでしょう。
しかし、現在は植林にその視界は妨げられ我々の手の届か
ない世界に沈んでいました。
そして昨年末、わずかな土地勘のある方にだけ知られて
いた地が山口線沿線を愛する人たちに再び開拓され、
そしてまたこのGWにこの地が開拓された・・・
今年この地にこぶしの花が乱舞したように、何かの
エネルギーがこの地に舞い降りたのかと思わせます。
このエネルギーを受け止め、新たなこの地を開拓された
ことに感謝です。
Commented by 博多の素浪人 at 2016-06-01 02:44 x
いやはや、執念ですね。あとは、成長した杉や桧が伐採搬出された時にどれだけ見えるか?ですね。でもあんまり見えない今の方が風情があって良いように思います。

三枚目、煙のスクリーンが掛かって緑が微妙に違うのが良いですね♪
Commented by アンドロメダ at 2016-06-01 19:32 x
おっ、出ましたね。

アップで見ると、直線の見渡せる区間が長いのが良く分かります。
人工物が殆ど入らない自然そのものの風景が綺麗です。
やはりGWの新緑は、初々しい緑が輝いて良い光景ですね。

ただ、ホワイトヴァレーでもそうですが
左の電柱が絶妙な位置に立っていて、かつ光線が当たっているので
異様に目立ってしまうのが、玉に瑕ですね…。
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 22:27
とちさん
先日は色々すみませんでした…
そうそう…お見掛けしたら声かけて、お誘いするわけには
行かないので「どこへ?」と聞かれたらお誘いするんだけど
ね~w
これこそお互い遠慮のすれ違いでしたね!w
次は…次も与えられたコンデションで場所選びかな~ww
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 22:35
きゅーさん
いやいや…勿体ぶったのではなく兎に角落ち着いて…集中して
現像とかお化粧とかできなくてね~今月はまた自治区子ども会
のキックベースボールが始まるから週末は抑えられてます!w
線路端の木々の伐採が始まれば良いのですがね。
線路端も植樹されてもう30年以上ですか…
直線が見えて良かったですね!ここもこれからですね!w
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 22:44
タブさん
ちょっと?遠すぎるよね~www
高いから良い、遠いから良いってのはありませんが…
低いより高い方がいいという理解ができない輩もいますが
距離は…遠いよりは近い方がいいよね~w
景色を見た瞬間、線路はどこだ?ってなところが多すぎます
かね?ww
豆粒好きなタブさんには大好物だったでしょ?
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 22:53
Int14jpn118さん
どうなんでしょう?
そんなころは高いところ遠いところに行かなくても俯瞰?は
できていましたからね…
ただここの直線は距離があるため正面を狙うための現在の
定番地から狙うには当時から超望遠が必要でしたね!
それも明るい大玉。そんな高価なレンズを持った方は少なか
ったですから定番と言え満員になることは通常の運転日には
なかったと思います。
デジタルカメラが普及し感度も稼げるようになり望遠も
そこそこのものなら安価に手にすることができるようになり
ましたから今の時代にしてここはお手軽に変わったのでは
ないでしょうか。
そんなこの時代でもこの距離は…好きでなければ訪れない
ようなところですね~w
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 23:03
素浪人さん
この辺りに三か所できましたが似てるといえば似てますが
ねらい目が少しずつ違いがあります。
でもアンドロ君に教えてもらった見方をするとどことも
素晴らしい見方ができると…
少なくても素浪人さんが仰る通りスクリーンのようにもな
りますし、風なくバクバクして来たら谷に残って煙が印象
的な画になることを教えてもらいました。
どこで見てもその煙を印象的に狙うのはいいとこだと思いま
すね~
暑い…蒸し暑い時にいかがですか?www
Commented by DF501C571 at 2016-06-01 23:07
アンドロメダさん
そうですね~でもあれがあるから線路が判るのとピンの
確認ができるのですが…www
たっぷりの煙で通過後に隠してくれればいいのですがまだ
そんなシーンには出会えていません。
ホワイトバレーは顔が見えるまで画の半分以上出来上がりに
なるように思いますがここは、顔が見えてからどれだけ吐いて
くれるか…と。
今回はこれから!という瞬間に抜けたようです~w
今度行ってみてくださいな。
Commented by サンロー at 2016-06-02 00:16 x
いやぁ~出ましたね。カーブから出て直線の真直ぐ後方だと思ってましたが、少し左寄り・・この左寄りが憎いw。
私の私の彼は左利き♪。山口線の歴史を作り..その後長く
語り継がれることでしょうw。大阪からのハンデがありなが
らの金字塔..何時も夢と希望を有難う。
Commented by DF501C571 at 2016-06-02 21:29
サンローさん
あいや~
本当はそこを目指していたんですが、線路からは見えない
のが分かったんでこの切れ目を狙うところを探しいました

もう少しみたいですね!やはり昔と違って沿線の木々が育っ
てこの辺りが限界かもしれませんね。
ハンデ…そうですね~年60回も通っていることを自慢し
非公開はの方にここを見つられていたらお蔵入りになるとこ
でしたからね~w
良かった良かった?
また、遊びましょう!サンローさん、ここならどんだけ叫ん
でも大丈夫ですよ!フォー!って。w
Commented by N部 at 2016-06-06 21:00 x
当日はお疲れ様でした✋
SLの写っている右側の斜面から俯瞰したことがあります
復活当初はどこからでも撮れてましたね!
楽しい時間をありがとうございました😀
Commented at 2016-06-11 20:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by DF501C571 at 2016-06-11 23:17
N部さん
だいぶ時間がたっちゃいましたが…
山口へ行った時にはまたいい時間を熱く楽しく過ごしま
しょう!
昔は撮る所に苦労はしなかったですよね!登るだけ!
でしたから…簡単すぎたから余計に線路端に居座ったのか
もしれませんね!W


<< SLやまぐち号 重連運転      2016年GW 俯瞰三昧5 >>