2016年 10月 20日

2016年10月 二日目返し

白直俯瞰

そして返しは仲間二人と白井で合流し白井築堤を正面から望む場所へ向かう。
去年、アリスの壁へ素浪人さんと行ったのだがあそこも素晴らしい所だったが
ちょっと距離がある...もうちょっと近くから正面から狙えないかと。
2016-10-9 9522ㇾ 白直俯瞰
f0233120_2140778.jpg

寸前で曇ってしまったのが非情に残念だった!この時季ならでの斜光気味で築堤
が輝いていたんだけどね。
ありゃりゃ...設定が間に合わず酷い現像になってしまった!泣
紅葉の時にリベンジしてみたいが確か去年ラストランの一週前にアリスから狙
ったが左からの影が時間的にぎりぎりだったはず...
築堤がよく見えるようになったがその築堤が影に襲われてしまうはず...
ここもそういった条件では難しいポイントかもなぁ~
f0233120_2144447.jpg

また、アリスの壁同様に簡単に来れるところじゃないだけによくよく考えてから
チョイスしたいところですね。
で、下山してきたらもう薄暗くなってきていた!明日は久しぶりにスーパー大引越
に開拓したs君と行くことに決めている。
早く宿に帰って体調を整え休めたいなぁ~天気はどうなんだろうか。
ファーストカットに参加できて良かった!qさん、s君、&君長距離登坂楽しく
行けました!引っ張って行ってくれてありがとうございました!

また、最近俯瞰が流行って?いるようでネットで観て聴いてコンプリート目指す方が
いるようですが確かに体力さえあれば行けるところばかりですが、ただ迷ったり
するようなところも少なくはありません。
スマホのgpsがある時代とはいえ車のナビゲーションのように案内をしてくれる
わけではないのでくれぐれもよく考えて...どうしてもこのアングルが撮りたかった
んだ!と、思うところキチンと調べて行くようにしたいですね。

あと、ここは「白直」だそうです。「アリスの迷路右壁」とならんで登坂距離は
かなりあるところです。最近、〇〇何度と言うところがあるようだがなんだか覚えに
くいし無機質すぎるようで...キロポストなどから数字を連想するならいいかと
思うが...w

by DF501C571 | 2016-10-20 21:59 | 親父 | Comments(12)
Commented by 博多の素浪人 at 2016-10-21 00:45 x
此処も高いですねえ‼ 名前には、何か物語が含まれていた方がロマンが有って良いと思います。私は自分が開拓した所には、そういうのを付けたいと思っています。

俯瞰撮影を軽く考えている傾向が目に付くのは私だけではなかったのですね。

俯瞰撮影は撮るための前提として、撮影地に辿り着くということが必要です。そしてその為にはルートを知らなければなりません。

俯瞰撮影地へのルートは、ガイド本にはなかなか出ないものです。それは、それだけ誰でもが行ける、行くべき場所ではないからに他ならないからだと思います。

先ずは自力で探して探り当てることから始めるべきだと思います。そうすれば、ルート探すことも俯瞰撮影の楽しみの一環だということが解るでしょう。それ無くして俯瞰撮影は有り得ない、と思います。
Commented by タブレット at 2016-10-21 13:21 x
どのルートなのか???ですが
徳佐から登って県境を越えてこの近くまできた暑い日を思い出しました
いいなぁ この風景
Commented by サンロー at 2016-10-21 15:15 x
こんにちは。

見える線路の角度が変わると、人の俯瞰心がこんなに
揺れるかと実感しました。見つけたくれた方に感謝です。
「白直」シンプルで素敵なネーミングですね^。
雪景色の白直なんて..わくわくします。

最近俯瞰初心者が増えた気がします^。
山に自分の足で一歩づつ入る行動を怠り、安易にスポンサー
捜しに奔走する。そして得た情報を拡散する。
そんか方は存在しないと思いますが、もしあれば、レジェンド
が残してくれたレガシーが泣いちゃいますね。

やまぐち号の運行もあと僅か^^^
何処かでお会い出来れば幸いです。
Commented by DF501C571 at 2016-10-21 17:06
素浪人さん
WWW確かにね~あまり謎かけしすぎてわからないのも
どうかと思うけどね~W
シンプルと簡素化とは違いますから少しは味付けはほしい
とこですね~。

新しいとこができたの?って行くのでは是非ここは行ってみ
たい!自分の目で見てみたいところ、このアングルが好きな
んで行って撮ってみたいってところなら素浪人さんのように
一人で入って危険な目に合うかもしれないので知人を探すか
当人に問うか...現地で来るかわからないが誰かが来るのを
待ち伏せするか...確かに安易に登りすぎですね。
最近は小さいお子さんも張り切っていると聞きますが、私も
息子を小2のころから連れまわってましたが...汗
今から思えばいいことだったのか危険なことだったのか...
どちらかといえば危険だったかもしれないですね~
簡単な俯瞰場所なら良かったんですが最近のルートは大人でも
危険なところがありますからね!
また、ポイントへ行く為ではなく帰りに迷わない為に張られ
巻いたピンクテープをルートを知られたくないとかとでこれを
全て外すということなんでそんなことするの?ってな奴もいる
ようで...
鉈男同様にちょっとわけがわからない輩も増えたようです。
発信する側も画像だけでは思いも文にして伝えないといけない
のかと思うようになりました。

今年の運行もあとわずか...ラストしか行けませんが会え
ますかね~WWW
Commented by DF501C571 at 2016-10-21 17:08
たぶさん
WWW
いいでしょ?私もここに立った瞬間いいなぁ~って思った
もん!WWW
右には先日登った天狗岩も丸見え!WWW
さすが調査のオーダーを出す前に立ち位置ができてました
からね!脱帽ですね!W
Commented by DF501C571 at 2016-10-21 17:16
サンローさん
私もそうかも?WWW
なんでもかんでも新しいところに行きたがるのは私の
感覚ではわかりませんね~
このアングル、この風景撮りたかったんだよ!ってな画に
出会ったら...ポイントがあるなら撮りに行きたいですね!
個人的には後追いやサイドは好まないです~WWWWW
だって罐の顔が見えないから!WWWそれだけです。
あと豆粒すぎるのも苦手だなぁ~機材がついていかないよ~W
例えば57俯瞰でいうとあまり登りすぎたら小さすぎるし足元の
カーブはみないしと…撮りたい目的が違うから上までは行っ
たことがないですね!まぁ~しんどそうだから行かないんだ
けどね!W
全制覇もいいけど懐かしい場所に久しぶりに行くのもいいもん
ですよ!
新しいところも新鮮ですが懐かしい思い出に浸るのも山の上
での楽しみですね!
ラストランにはいきますよ!
Commented by きゅーたろ at 2016-10-21 21:29 x
アリスの一粒で二度美味しいは魅力ですが、
こちらは線路からの近さが売りになりそうですね。
ナンバープレートやヘッドマークもそこそこ見えますし。
光線はダイヤが変わらないとどうしようもないでしょうが、
後は、やはり災害現場の復旧が待たれます。
Commented by momota5457 at 2016-10-22 23:32
こんばんは✋
素晴らしい眺めですね~!
是非行ってみたいです('ω')
新緑が良ささそうですね(^_-)-☆
Commented by DF501C571 at 2016-10-23 23:37
きゅーさん
確かにこちらの方が焦点距離は短いですね!
その分歩きますが...おみそれしました!W
林道は昔からあるのも存在も知っていましたが...アリスの
壁の時に林道に出ていたので使えるか?と思いましたが
よくおひとりで歩きましたね~関心しますわ!
また開けた風景に出会った瞬間、これまた驚きでした!
アリスの壁も白直も秋は一瞬が勝負になるところですね!
次回は春先ですかね?W
Commented by DF501C571 at 2016-10-23 23:40
N部さん
ここも歩きますよ~泣
その分素晴らしい景色が待ってます!が、やはり
河川工事が落ちつくまではどうかな...また、春先に
行ってみたいのでみんなで行きましょうかね?
Commented by アンドロメダ at 2016-11-09 18:14 x
かなり鮮度落ちですが、当日はお世話になりました。

確かに、○○何度と言うのは無機質ではありますが、アソコではあの表記にしなければ、何処だか更に複雑になってしまいますので、少々ご勘弁願いますww

そんなことはさて置き、ラストランあたりには紅葉が期待できそうで、日が当たれば柔らかな斜光により鮮やかな光景が見れそうな予感ですが、魔の25分、これが最大の壁として行く手を阻まれてしまいますね。

まだ最後は何処にするのか検討中ではありますが、皆さん考えていらっしゃることが大方一致しているようで、ピンポイントで撮影地に集結しそうですね。
その際には、また宜しくお願い致します。
Commented by DF501C571 at 2016-11-13 12:16
アンドロメダさん
いやいや...新コメントありでしたが...いつのか
直ぐにわからなかったです~www
はい、承知していますよ角度名称ね~w
普段からは上段下段と高さ使用しているのですから見る角度
が違うのですからその名称になるのは仕方がないですね!
どこを起点にしての角度がピンとこないとわかりにくいでしょ
うけどね~
...ラスト...今年は紅葉がいいタイミングでしょうか?
大勢集まりそうですね...泣...息子と行くので大俯瞰
はさせてもらえないでしょうから線路端になりそうで
すが...
大ラスだけはどこかに登りたいですがそこも競合かな...
嫌だなぁ~
お会いできるのは楽しみにしてますよ!


<< 2016年10月 連休最終日      2016年10月 連休二日目 >>