ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 12日

2012年6月 空梅雨?のやまぐち号

6月10日時の日?いやいや俯瞰決行日。
梅雨入りでシトシト雨だった土曜日から延期した俯瞰地、今朝は予定通り晴れになったので
登ることにした。
しかし、昨日9522レでガレ山斜面を直登し滑って下山?したので足腰がくたくたで筋肉痛だ
らけだったので一抹の不安はありましたが昨日の教訓を生かして時間と水分には十分の余
裕をもってトライするこにした。
相変わらず哲ちんはあっけらかん!キツさを知らない初めての場所はニコニコ楽しそうだ。
2012-06-10 9521レ スーパー大引越
f0233120_21361219.jpg

この時期ならではの天候、雨が上がってからだいぶ時間がたっていたので気温が上がりアップ
にすると温度の差での陽炎でピンがわからない。また寸前で曇ってしまったのでアップはあまり
いいものではなかったですね~残念!また、今日の乗務員さんうまい!!煙は少ないしスピード
もあった。
太陽が出てたときはこんな感じ…いつもお試しの時はコンデションがいいんだよね~w
f0233120_8562886.jpg


連ちゃんの俯瞰登坂で足腰がガタガタ…、帰阪の為の体力温存(温存ほど残ってないけど)の
為、9522レはお手軽に線路端へ、気温も上がりかなり陽炎が出てきたのでごく普通に撮影し
帰路につきました。
2012-06-10 9522レ 鷲原カーブ
f0233120_2033933.jpg

f0233120_20332530.jpg

これからは当分こんな煙なんだろうか?ちょと煙分不足だったか…秋にはまた登ってみたいなぁ~



by DF501C571 | 2012-06-12 20:40 | 親子 | Comments(16)
2012年 06月 11日

2012年6月 梅雨?空梅雨?のやまぐち号

梅雨入りしたとニュースを聞きながらも今降っている雨も回復するかと予想し山口遠征を
延期せず強行することにしました。
しかし、現地入り後もシトシトと降る雨。俯瞰には無理と判断し、「雨なら二反田へ」と。
正解?二反田到着後もシトシト降るも空は明るく露出はありそうだ。湿度もたっぷりとある
ので蒸気か白煙の期待が高まる。
結果…鉄路には雨露があるとことないとこがありやまぐち号はトンネルを出てから姿が
見えるまで三回も空転を繰り返しゆっくりと登ってきました。
止まるかと思いましたが姿が見えてからはしっかりと登ってきました。風も止んで珍しく真っ
すぐ煙も立ち上がりポンポンといい感じでしたが少~し物足りませんでした…w

まだまだ新緑感のある二反田界隈、上まで登らず途中で振り返ったら同行の仲間が
この高さいいやん!!の鶴の一声でここにカメラを構えることになりました。
ケーブルが埋設されればもっとポイントはみつかりそうな二反田でした。
2012-06-09 9521レ 二反田Sカーブ奥
f0233120_21275011.jpg

f0233120_2128445.jpg

哲ちんは…これだけ広いフィールドなのにおんなじような狙い…w
f0233120_21285486.jpg

返しはと…俯瞰したい気持ちまんまんの今日だった。津和野界隈は晴れたり曇ったり…。
足場が悪いだろうからあまりタイトでないとこに登ろうかと。
最近気になっていた神田辺りに行くことにした。
ポイント到着が通過まであとわずか。足場が悪いと言うよりガレだらけでズルズル。
手前の枝、葉なんてよける間もなく貴婦人はやってきました。おまけにガスが出てきて
締りのない一枚になってしまいました。WW
白煙で9521レよりいい感じだったのになぁ~リベンジだなぁ~天気が悪かったので
サッサと行動しなかったのが失敗??やはり俯瞰には余裕が必要ですね!
2012-06-09 9522レ 神田サイド俯瞰
f0233120_21382811.jpg


by DF501C571 | 2012-06-11 21:42 | 親子 | Comments(4)
2012年 06月 11日

2012年6月 梅入りした山口地方

入梅日に山口へ行ってきました。
スチールの方はまだ編集中(編集しないお見せできない下手な作品の為…w)

先に動画をご覧下さい。
↓↓↓


by DF501C571 | 2012-06-11 09:36 | 親子 | Comments(9)
2012年 06月 07日

懐かしい一枚 最後は…

このシリーズの最後はここです。
ここも学生の頃仁保駅からジュラ担いで歩いてきてなんとなく見上げたら
あそこから見えるかも!
って、気楽に登ったのを思い出しました。
でも今はポイントも木々で隠れ、線路築堤は杉の木が要塞壁のごとく伸び
煙しか見えないでしょうね。
f0233120_21284613.jpg

この頃は、俯瞰でいい景色をと考えて撮っていたわけではなかったのですが、流石に
秋のここは大変お気に入りでした。
なんせここまで仁保駅から全て自分の足だけが頼りでしたから思い入れも格別でした。
f0233120_2129385.jpg

季節による太陽の位置を考えていればギラッも可能だったかも…。
f0233120_21303178.jpg

そう、ここは皆さんご存じ小河内カーブ(大引越TN~小河内TN)
この斜面は紅葉が少ないのですが南東の手前にある山の斜面は色着いた広葉樹
がありました。
でも…でも…
f0233120_21364295.jpg

もう逢えなくなるのも時間の問題でしょう。

by DF501C571 | 2012-06-07 21:37 | 過去 | Comments(4)
2012年 06月 06日

懐かしい一枚アラカルト

昔の写真…アップすることで忘れていたデータやら思い出が蘇ってきたりご存じだった
オールドタイマーの方に教えていただくことが出来良かったと思っています。
教えていただいた方々…有難うございました。
学生の頃…この色の煙で病に陥ってしまいました。
f0233120_20253883.jpg

今のところ整理して出てきたネタが尽きました…こんなのはいかが?
色あせ等酷い色したものですが…
ご存じ津和野駅先の津和野川に架かる鉄橋
DD51856先頭の重連、この機はJR貨物色になってまだ健在とか…
f0233120_2028970.jpg

高峰トンネルを出て白井築堤へ…ここにも保線小屋が…
f0233120_20293467.jpg

これは…?田代崖展だけど…
f0233120_20294671.jpg


by DF501C571 | 2012-06-06 20:30 | 過去 | Comments(4)
2012年 06月 05日

懐かしい一枚 その六

懐かしい一枚と詩ってきましたがいつのまにか数枚になってきてしまいました…

ブログアクセスを確認するといつもより多い!何で?隠れファン?…もうろくな
作品がないので終わろうかとおもったんですがリクエストされるようになったんで
調子に乗って雑な作品やら荒い画像ではありますがもう少し続けたいと思います。

タイトルを変えるか…今は撮れなくなった…昔はこうだった…なんでもいいや~
今しばらく懐かしいなぁ…と思われる方、ここはどこ?と色々感じながらお付き合い
ください。

さて先ずは…今はローソク岩からの俯瞰で有名な神田直(鷲原TN~第二神田TN)
です。第二神田TN上の斜面は当時植樹したてで若さがあれば十数分で登ること
ができました。
津和野の道の駅から白井に向かって山間に入る所の道路が見ていますね!
昔はこんに道がほそかったんです。
こんなに高い場所からの俯瞰は今はできないでしょうね…。
f0233120_22153663.jpg

トンネルの真上…ポータルからの一枚です。
すっきりした築堤、編成が綺麗に入るポイントとして有名でした。今は、木々が鬱蒼と
生えあまりいい撮影ポイントではなくなりましたね。
f0233120_22191334.jpg

引いたショットが見当たりませんでしたが鬱蒼とした感じはわかるかな?
f0233120_22213445.jpg

だいぶ色が悪いんですがローソク岩から見たらこんなかんじ…
f0233120_2230059.jpg

おまけで…撮れなくなったと言えばここも。
しかし私が行った時には奥側の斜面が伐採に~w、線路西側に道が出来始めた頃
ですね~そうですここは篠直です。
f0233120_22481040.jpg


by DF501C571 | 2012-06-05 22:30 | 過去 | Comments(8)
2012年 06月 04日

懐かしい一枚 その五

本来?の路線に戻って…
とにかく私が撮り始めた時は線路端の木々があまり伸びていなかった
のもそうでありますが周りの山々も植樹したばかりの斜面やちょっとした
斜面にも大きな木がなく俯瞰ともいえない高さなら簡単に撮影することが
できました。
写真は通称牧ヶ野ミニZ(色んな呼び方があるかと思いますが私達の仲
間内ではとこう呼んでいました)です。
当時は道路(道路も今ほど立派ではありませんでした、センターラインな
どはない白井の奥にあるトンネルが出来るまでは行き止まりの道)から
ひょいと斜面を駆け上がって撮れた画像です。
ヘッドマークのない旧雑客車を牽いた9522レ
f0233120_2185522.jpg

そしてこれが最近の牧ヶ野ミニZ、当時よりは斜面を駆け上ったとこよりき
つい斜度を少しロープを使って登った所から。
2010年のなにわ やまぐち号 9522レ
f0233120_21124736.jpg

線路の高さ(実際は撮影地の高さ)が違うのが判りますね。
f0233120_20293423.jpg

作例が悪いのですが左の奥の牧ヶ野カーブから右にある高峰トン
ネルまですっきり見えていました。
故に線路がZに見えていた為牧ヶ野ミニZと…本家牧ヶ野Zはもっと高い
とこなのでミニがついたのだと思います。

by DF501C571 | 2012-06-04 21:15 | 過去 | Comments(8)
2012年 06月 03日

懐かしい一枚 その四

とある鉄仲間の方からその参にアップしたヘッドマークなしの後から今では当たり前となった
C56160号との重連が始まったと教えていただきました。
今回アップする画像はその翌年の昭和63年、88年の文字が入ったヘッドマークが付いている
ので63年に撮影したのが分かります。
C56160号が先頭の9521レです。篠目駅発のシーンだったと思います。
f0233120_18322586.jpg

f0233120_18331939.jpg

このころは最後尾の展望車も転回していました。また津和野の転車台のそばには今はない
建物…投炭訓練設備もある機関士さんの休憩室があります。(今はもう少し北側になりました)
f0233120_18474188.jpg

一枚ですまないですね…W
f0233120_18484959.jpg


by DF501C571 | 2012-06-03 18:33 | 過去 | Comments(2)
2012年 06月 01日

懐かしい一枚 その参

ヘッドマークなしがいいと言う友がいる。こんなC571号機はどうですか?
なんでヘッドマークがついていないんだろうか…どうだったかなぁ?
牽く客車も雑客だったと思うんだけど…わかりずらいですね。
プリントの裏書を見ると撮影日は分かりました。
撮影場所は分かりますね!19キロ辺りのS字カーブ、ここは今も超定番。
昭和62年6月14日 9521レ
f0233120_20401858.jpg

いじりすぎたかな…かなり荒い画像となりました…
でもヘッドマークを消す加工はしていません、悪しからず。

by DF501C571 | 2012-06-01 20:39 | 過去 | Comments(4)