ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 19日

2012年7月 梅雨も空けた海の日のやまぐち号

連休最終日、海の日。
夏休みはもうすぐやってくる!沢山の子供たちがここ山口へSLやまぐち号に乗りにやってくる!
そんなカッコいいやまぐち号を今日はどこで撮ろうか?
この暑さと天候で鉄ちゃんが少ないので久しぶりに宮野~仁保間で撮ろうか?懐かしの18.7キロ
辺りに行ってみる。
ここのS字カーブも昔よく通ったカーブだ!今は他のS字と同じく左右の雑木がせり出しせっかくのS
字が良く分からない。
しかも当時から邪魔だった左にある大きな枝がまた一つ大きくせり出し煙を映しこみたい空間を占め
ている…仕方がないので枝を回避するために少し前に三脚をセットすることにした。
正面ドカンがメインだけにカメラが一台余ったので少し遊んでみた。
哲ちんの流行りだった流し撮り、線路わきにいる為真横からの流しはできないので飛び出す感じに撮
ってみたがどうだろ?実際より速く見えるかな?W
早速、哲ちんはどうやるのか聞いてきた。WWW
2012-7-16 9521レ 18.7キロ付近
f0233120_21175623.jpg

オーソドックスに…やっぱりかっこいいね~
この時期にしては最高の煙だよね~W
f0233120_21191060.jpg

さて、ここからなら何処へでも追いつける、あまり得意ではないが追いかけることに…(最初からその
つもりでもある)
夏本番間近の田園風景…通り抜ける風と競争かな。
2012-7-16 9521レ ミニローソク
f0233120_21233426.jpg

f0233120_21235389.jpg

ここから津和野まではすぐ、いつものように貴婦人にご挨拶。
今回最後の返しは?昨日お会いできなかったT爺さんと津和野でご対面、返しに神田に行かないか?
の誘いがきた。
現地集合で登坂の準備をして待っていたがなかなか現れない…どうしたのか?また、携帯も使えない。
哲ちんはもう登るのはしんどいとのことで道路脇から狙ってみると言って一人で三脚担いで消えていった。
15時になっても現れないので仕方なく登るつもりだったが哲ちんのそばへ移動し一緒に撮ることにした。
夏真っ盛りの緑の中のかくれんぼ?みたいなカットになりました。
f0233120_21325828.jpg

この時期、暑いだけだと人気がないようだけど新緑の時期を過ぎた今は晴れると色んな緑色が映える
景色に出会えます。
次はいつ来ようかなぁ~暫くは夏休みだね~

いつものおまけ動画です↓


by DF501C571 | 2012-07-19 21:40 | 親子 | Comments(15)
2012年 07月 18日

2012年7月 梅雨空け間近の連休 やまぐち号

昨日の9522レは地福で打ち切りその後18:09頃全線復旧し新山口へ戻ってきたらしい。
天気が気になって朝早くに目が覚めた。
起きて直ぐ窓の外を見ると予報通り今日は雨はなさそうだ!そんな空色していた。
今回のメイン撮影?…昨日から一緒にいるS君、Mさんのリベンジにお付き合いする予定だ。
また、S君のお友達のT爺さんが来る予定だが…
…それより問題は、Mさんの兄さんさんだ!昨日までスリッパだったので長靴を購入してもらい
俯瞰に誘うことに。
今日の俯瞰は登坂時間が普通でも1時間半はかかるので十分の余裕を持って現地へ向かった。
T爺さんは昨夜の雨でダイヤが乱れ約束の時間に来れないとのこと。従ってM兄弟、私親子と
S君との5人で登坂開始した。
私はここにはすでに3回目、すっきりした天気の日には当っていない…秋が最高だろうけど秋が
近づくと山は綺麗だが影の範囲が広がってくる…
2012-7-15 9521レ スーパー大引越
f0233120_213150.jpg

鬼やんまが飛びまわるほど天気回復?しかし気温、湿度のせいか遠く仁保駅辺りは霞んでいる
f0233120_2173891.jpg

今日は前回と違って津和野へ貴婦人に逢いに行きたい…哲ちんに撤収を急がし仲間に先に降り
ることを告げてダッシュで下山、それでも20分かかった。裏道を急いだ…助手席の哲ちんはという
と、速攻でお昼寝して体力回復中だった!WWW なんとか昼過ぎに津和野に着いた。

今日の9522レは…皆とは別々に行動しているしかし下山前にある程度考えていた案があったので
皆が下山した頃を見計らって電話連絡した。
ポイントは高峰トンネル辺り…先にS君がきていたがまだ、M兄弟が来ていていない。あまり時間
がない。電話で車から直ぐ撮れる場所を説明し先に3人でポイントに向かった。
以外にもこの場所は初めてだった!!似たアングルは撮ったことあったけど…とにかくあとから
二人が来ることを想定して場所確保。
ここもフル編成が撮れるわけではないのでフル編成が好きな方にはどうかと思われるだろうが…
結構スピードが乗っているのでシャッターチャンスはここSLやまぐち号にしては短い方だ!
ちょっとした緊張が…高峰トンネル入坑の汽笛が聞えた…
2012-7-15 9522レ 高峰トンネル
f0233120_21243834.jpg
f0233120_21252313.jpg

哲ちんのアングルが以外?にもいい感じだ!田んぼなど気にせずズバッと縦位置!!
Photo by Teppei
f0233120_213122.jpg

このあと即、撤収。
M兄弟はこれで帰阪するかと思っていたけど…お決まりの追っかけとなった。
昨日のリベンジとまでは行かなかったけど各々ポイントにちらばり撮影した。私はビデオ撮り。
結構満足いく一日になりました。
さぁ~明日は連休ラストだ!今日は俯瞰で体が結構ボロっているので早めに体を休めることに…
M兄弟はまたまた後ろ髪引かれる思いで帰阪した。
私達親子は湯田の仲間と晩飯の約束をしていたので早速湯田へ向かった。
明日もいい天気だといいなぁ~

by DF501C571 | 2012-07-18 21:49 | 親子 | Comments(12)
2012年 07月 17日

2012年7月 梅雨空け前の豪雨のやまぐち号

西日本では多大な被害を巻き起こしている今年の梅雨前線…そんな中二週連続で
山口へ出かけました。
先週は向かう道中から酷い降りの雨…しかし、天気は土日だけ?回復してくれて撮影
には大きな支障はありませんでした。
しかし、今週はダメでしょう~流石の雨降らない男も…でも、山に登ることやらお土産
を渡すこと晩飯を一緒に食べる約束など…色々と約束があったりで、それに哲ちんは
先週行けなかった鬱憤が溜まっているようで行きたいらし…。
雨降りなら…梅雨なんでそれもいいかと思い出かけることにした。

今週こそ、雨降りなら二反田へ!WW
神戸の仲間のリクエストでもあったので二反田の伐採斜面に向かうことに、ここなら最
悪線路端へ変更も可能、怪しい雲空ではあるが二反田に向かった。
ここ二反田は色々な方向から撮影ができる、なので哲ちんとも別れ各々好きな場所へ…
私は電線が掛るのを承知で斜面右を登った。
セット完了!あとは時間を待つだけ…久々の雨模様の二反田でのカット。最近ホントに雨を
絡めての写真が無い(贅沢言うもんではないですね)。
すると、二反田界隈には霧が発生、おまけに雨まで降り出した…最悪だ!露出もないし
露出どころかガスが上がってきて線路が見えなくなってきた!!いまさら移動している時間
がない!
…雨は上がってきたがガスが晴れない…そうこうしていると汽笛が聞えた!!少しガスも晴
れてきたがすっきりしない。
この状態で焦っても仕方がない、今の状況でのベストとは?とにかくC571を拝むことと、
ピンとを合わせる事。WWW
最終露出のチェックをして二反田トンネルを出たやまぐち号を迎えることにした。
ゆっくりと登ってくる丁寧に扱う音だ!いい色の煙だ!湿度が高いことと雨上がりの無風だけ
にいい感じだ!!
2012-7-14 9521レ 二反田正面伐採地
f0233120_2384749.jpg

ゆっくりと上がってきたが丁度足もとで空転だ!かなりコンデショんは悪いようだ。がんばれ!!
f0233120_23101056.jpg

さて哲ちんは…またトンネル上へ、手前の草?が気になったようだが露出(最近、プログラムで
撮らずマニュアルで撮影しているようだ)の設定がよくわからない。
でも、奥の山にかかる霧がかなりこの辺りが霞んでいるのがよくわかる。
2012-7-14 9521レ 大引越トンネル上
Photo by Teppei
f0233120_23115486.jpg

撮影するまでは撮る側も走る側にも最悪のコンデションであったが蒸気を見るには高条件
だったか…と、思いながら撤収作業をすすめ返しはどうするか考えた。

とにかくいつも通り津和野へ急行、機関区で貴婦人に挨拶をし時間があるのでY氏の作品の展示
もやっている今昔館へ…そうここにはC571の赤プレートが展示されている。
哲ちんはこれに触れてみたいとリクエストしていた。
津和野 今昔館於
f0233120_23182583.jpg

待望のプレートを触ることが出来満足の哲ちん。さて、返しはこの湿度ならではとS氏のリクエスト
で篠目へ…今年初めての篠直へ向かった。
津和野を離れて徳佐辺りまで来るとポツポツ雨が落ちてきた。
?降るのか?津和野では陽も出ていたのに…いやな予感がした。
予感は的中どんよりの篠目駅界隈。哲ちんは駅に行きたいとのこと。カメラ機材とビニール袋、
タオル、傘を渡して別れた。そして私は篠直へ向かった。

ここ自体が定番なんで定番外しといっても変態撮り以外に芸がない…まだ人が少ないので一番
前へそれも橋の袂まで行きセット完了、しかしすごい雨になってきた…ん?でも言うほど暗くない。
空はまだ明るいし雰囲気はいいぞぉ~これぐらいなら雨の篠直って感じでいいかも?でも降りは
どんどん激しくなる。
ところが交換列車が来ない…?まずいぞ、また遅れているのか?早く来ないかな?どんどん雨
が激しくなる。
そのうち追っかけ組が集まってきた。ということは9522レは走っているようだ。10分、20分…
来ない…おかしい!!ここ篠直は電波が届かないので調べることもできない。
どうする?他の連中はどんどん引き上げていく。また一人、また一人…。
2012-7-14 篠目~仁保 篠直
f0233120_23301562.jpg

五時半を回りかけた…諦めて機材撤収をし駅へ向かった。
ここで調べてわかったのが大雨で山口線全線運転抑止、やまぐち号は地福で足止めをくらい、
その後運転取り止めになったそうです。
ぬれ鼠になったので急いで着替えて宿舎へ向かいました。明日以降どうなるんだろうか…。

by DF501C571 | 2012-07-17 23:14 | 親子 | Comments(13)
2012年 07月 10日

2012年7月 梅雨の晴れ間のやまぐち号 二日目

梅雨は空けたのか?なんて思うほどの天気
昨夜はボロ雑巾のように寝落ちしてしまった…目が覚めたら体…腰は痛いし足のあちこちが
筋肉痛を発症していた!!www
九州代表のタブレットさんが登頂を目指すと聞いていたが…やはり二日連ちゃんはきつい。
また今日は9522レでkさんと久々にご一緒する約束がある。でも俯瞰ができない状態らしい
ので線路端でと…。
ちょうどいいや!今回は息子の哲ちんがいないので帰りは一人での運転だし、体力温存でと
往復線路端でと決めた。
今日もご一緒するnさんに連絡を入れて行動を開始した。
雨じゃ無いけどここへ…www、サウンドがいいんだよね~ここら界隈は…
2012-7-8 9521レ 二反田
f0233120_22243392.jpg

左上に花が咲いていたんだけど…中途半端なんでグッと寄ってみた。

さて返しは?そうそう午前中にkさんから、仕事の折り合いがつかず9522レは参加できない
と電話連絡が…牧ヶ野辺りのアジサイを絡めてと思っていたけど、だったら9521レでタブさん
とご一緒できなかったこともあったのでタブさんが予定していた俯瞰に参加することに変更した。
場所は?タブさんリクエストの神田サイドへ、私も前回のリベンジもあったので丁度いい。
いざポイントへ早弁して向かうことにした。
な~んか左の枯れ松も…57俯瞰みたい?c571がこのままカーブしてくれば…www
2012-7-8 9522レ 神田サイド
f0233120_22315144.jpg

ここも秋に来れば順光だからお天気も気にしなくていいし紅葉が待ち遠し…でも、今年の
やまぐち号の営業は
f0233120_2241122.jpg
はやくに終わるとか…紅葉間に合うかな?

哲ちんのカメラが余っていたので遊んでみたが…腕もないし四台も扱ったらダメですね~www
リング回すまで余裕がなかった~ピントリング回すのが精いっぱいでした…撃沈
f0233120_22435815.jpg


お口直しに動画を…こちら↓


by DF501C571 | 2012-07-10 22:44 | 親父 | Comments(12)
2012年 07月 09日

2012年7月 梅雨の晴れ間のやまぐち号

梅雨も後半、しかし西日本各地に大雨警報、しとしと何処ろの雨ではない。

 どうしてもここで一緒に撮りたい仲間がいる…
f0233120_230392.jpg

出発前から大雨、日付が変わってからの出発となった。高速に乗っても前が全然見えないので
スピードも出せない。
広島辺りからそこそこの雨量になりまともに走れるようになったが現地はどうなんだろうか…。
大俯瞰の予定、雨が止んでもガスが出たり、霧が出ていたらアウトだ。

 朝方に道の駅に到着、もう一人の仲間を待つ。雨はポツポツと降ってくる…俯瞰やめようか?
いやいや私は自称雨降らない男、ここ三年間雨に打たれての撮影は1~2回。雨は止んでもガスが
かかりそう…。
リスクはある、でも…雨さえ上がれば登ることに決めた。現地到着、当然?雨は上がっている、準備を
して登ることになった。
 途中、靄が一緒に登ってくる…心が折れそうになる。しかし、雨降らない男は健在だった!!
七夕の日に雨なんか降らさないよ!c571に逢いに来てるのに~
2012-7-7 9521レ スーパー大引越
f0233120_21491581.jpg

f0233120_21493132.jpg

多少風が出ていたが今日の乗務員さんはサービス満点!!こんな時期に…この煙、流石やまぐち号
念願かなって仲間とシャッターを押すことができました。

下山に時間がかかりまた、足腰ががくがく…。
残念なことに一緒に来ていた神戸の仲間に緊急連絡、仕方なしにこれにて撤収し帰阪することに…
後ろ髪惹かれる彼を湯田まで送り、返しの段取りを考えることにした。

返しは簡単にと思っていたのになぜか気になっていたお手軽俯瞰へ向かった。
お手軽とはいえももはパンパンだし脹脛はつる寸前、時間は十分にあったのでちんたらのぼることにした。
…ところが天気がおかしくなってき。雨もパラパラしてきた。雨粒で視界が霞んできた…
しかし、雨も止んで通過時は梅雨らしくしっとりとした感じになった。
後ろの山に靄が掛っていたがもっと下までかかればいい感じだったのになぁ~と、贅沢を言う。
2012-7-9 9522レ
f0233120_21545663.jpg

f0233120_21551198.jpg

今日は上出来の撮影ができた。
また、9521レでは登坂途中休憩していたらブログでお友達になっていた地元の方が登ってきて合流する
ことが出来た。
これには…今日、「ここに行くよ~」と前振りの罠をはっていました。www、しっかりかかってくれました。
はい、きゅーたろさんでした。ようやく出会えて恒例の握手を交わしてポイントを目指しました。
お疲れ様でした、またご一緒できればいいですね~明日はタブレットさんが…みなさん病気ですね~w

by DF501C571 | 2012-07-09 22:14 | 親父 | Comments(14)