ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 30日

2012年 只見線秋のSL奥会津号と磐西線のばんえつ物語号二日目

引き続き東行脚、哲ちんシリーズ…

目が覚めると天気予報通り曇り空。まだ、雨は落ちてきていない…哲ちんは窓を開けて外に遊びに来た
猫と遊んでいる。

今日は哲ちんが撮りたがっていたばん物から。
天気も悪くなるだろうし関東の鉄はすくないと予想なのでゆっくりのスタートとなるがお仲間の作品で見た
素晴らしい爆炎シーンが忘れられない!そのポイントに連れて行ってもらうことに…

そこは五十島駅先の橋梁見下ろしポイント。ここでは上段、下段、正面と色々楽しめるポイントです。
セッティング完了した頃から雨がパラパラ…降ったり止んだり…支障が出るほどではなかった。
一発目なので時間まで余裕かたっぷりある。哲ちんは橋梁を行ったりきたり(ダイヤは確認済)、土手の
水門のハンドル触ってみたり…
2012-10-28 8233レ 五十島駅先
f0233120_2042565.jpg

速度が速いと聞いてましたが橋梁に入る手前で空転、そのお蔭で?いい煙になりました。
ここからはドタバタ開始、通過後の汽笛が後ろで聞こえたのが合図のように撤収開始。
移動中に雨が強くなってきた!!次のポイントは…利田踏切からs字カーブを狙う。
サミットになっているようで三脚をめー一杯伸ばさにと奥が見えない。おまけに雨が強くなってきて視界も
不良に、哲チンなりに脚を伸ばしてお仲間からミニ脚立をかりての撮影。
300単眼でドカン狙いです。
2012-10-28 8233レ 利田踏切
f0233120_20134365.jpg

背の高い三脚に囲まれて…これでもいっぱいいっぱい。
f0233120_20144533.jpg

ここも速い!踏切が鳴ったと思ってら直ぐに現れ汽笛一声で駆け抜けて行きました!7両フル編成で勾配
を登り去って行った。
このあとは…先の踏切につかまり追いかけを断念し早めに只見に転線することにした。
一山越えて只見に戻ってきましたがどこで?折角只見線に来て第一、第三、第四橋梁を撮らないのは心
残り、どれか一箇所は撮ってみたい。
雨はあがり露出がないが山にはガスが掛かったりしていい感じのしっとり感になってきた。白煙は間違い
ない。
ならば第一橋梁に向かうことに、しかし狙うポイントはいっぱいだった様で私のリクエストで今しか行けない
川原に降りてもらうことに。
哲ちんは皆とは違うところに三脚をセット。この大きな岩が気になったそうです。
f0233120_20242081.jpg

今度は…男は黙って引きの一発!~mさんの口癖だ…www
2012-10-28 9430レ 只見線第一橋梁
f0233120_20262794.jpg

これにて哲ちんの作品は終了。
仲間にはよくしてもらいアクシデントがあったりで数は打てなかったけど本人もいいのが撮れたと大満足
の行脚だったようです。
二日に渡っての気遣いサポート名古屋のお仲間さんありがとうございました。
車に乗せてくれてありがとう兄さん!そして、今回の行脚のお誘い、私の変わりに父親になって頂きmさん
有難うございました。



by DF501C571 | 2012-10-30 20:29 | 息子 | Comments(10)
2012年 10月 29日

2012年 只見線秋のSL奥会津号と磐西線のばんえつ物語号

初めて東へ行脚してきました
いつも山口へ一緒に通っている仲間からのお誘いで連れて行ってもらいました。
先ずは哲ちんの作品から…(全て哲ちんが撮影したカットです)
2012-10-27 9425レ 滝谷橋梁
f0233120_22414149.jpg

朝もやの掛かる杉踏切辺りのりんごとのコラボの下見をしてから紅葉を絡められる滝谷橋梁に移動。
第三橋梁が一番人気になるだろうとの推測でここなら沢山の三脚でセットするポイントもあるし皆さんも
ここがいいとの意見で決定。
名古屋のお仲間は上段へ、哲チンとmさんは下段へ。そして異端児の私はその後方斜面を駆け上り
中段を作成。w
今回、三脚が乱立するとのことでmさんから背の高い脚を、そして軽量で扱いやすいハスキーを貸してい
ただいた。扱い易かったのか撤収も準備移動も早い!!
きできるだけ…邪魔にならないよにと定番へも早くからセットするがとある事故で45分ほどの遅延。
陽が移動して少しコントラストのきつい画になりましたがまずまずの紅葉です。
待ちぼうけ?いやいや大人の方と何やら談話中…えらそうにポケットに手をつっこんで…そのへんの大人
の鉄ちゃんと変わらない!!何を話しているんだろうか?www
f0233120_22435592.jpg

このあとは4橋の予定だったけど遅延だったので予定が全く立たなくなった。とりあえず得意の「どこでも
ドアー」で川口方面へ向かうことに。結局凄い鉄ちゃん車両に邪魔をされ並走が精いっぱい。転写台を見に
行くことにした。
2012-10-27 会津川口駅構内
f0233120_22463177.jpg

これは多少トリミングしました。
ここで軽くおにぎりを食べて返しをどうするか…次はc11のお顔を撮りたいとリクエスト。しかし、ほぼ逆光に
なるポイントばかり。後追いの俯瞰なら順光もあるが…
水沼の先に南東に線路が向くところがある、多少の勾配もある!ということで移動開始。
f0233120_22463829.jpg

2012-10-27 9430レ 会津水沼~早戸
私はトンネル先の小さな橋梁で、哲チンとmさんはそのまた先の直線へ。
ここでは手前にススキの穂を入れての前ピンにチャレンジしていたのですが…通過直前に風であおられて
倒れてしまいフレームアウト!!泣!なんとか罐にピンをとって撮影。紅葉があったのでなんとか…
ここもスカスカとやってきました!ここは只見です、真岡ではありませんが…w
そしてmさんの真似してカメラを外してバックショット!!で、即撤収!
途中の名定番では凄い鉄ちゃんと車、とにかく1橋を狙うも微妙なタイミングの為ねスルー。最終坂本あたり
へ変更し「どこでもドアー」の扉を開けた…w
ここ阪本の踏切まで来ましたが、凄い人人人…でも哲チンは素早く下車し手持ち一発!上手く土手の斜面
に子供ならではのフットワークでちょっとした隙間にスタンバイ。真似できない。汗
f0233120_2250166.jpg

ここでこんな撮影をしていました。
ここでのギラリを知っていたのか?私は(親父)たくさんのススキに喜び先の踏切へ移動してしまいこのギラ
リを逃しました…それも真岡から只見に変身しての爆煙だ!
初日にこんなん撮るのか?完全にやられてしまいました。脱帽。
この後哲ちんリクエストのc57へ、転線。
ばん物はじめてでもチャレンジの前ピン…陽がないので失敗かな…(編成撮りたいと言っていたのにw)。
2012-10-27 8226レ 津川駅先
f0233120_230498.jpg

さぁ、もうワンカット?
親父のヘッドセットライトをもって三脚担いでダッシュ!!これも初めての夜汽車?
バルブは梅小路以来…覚えているか?
2012-10-27 8226レ 三川駅先
f0233120_2323447.jpg

このあとは宿舎へ、大人に混ざって大宴会…それも闇鍋?ww
反省会と明日の作戦にも参加。そして就寝~明日は天気が悪くなるからどうなるか…zzz



by DF501C571 | 2012-10-29 22:58 | 息子 | Comments(8)
2012年 10月 17日

2012年 SLやまぐち号 重連撮影最終日

この編成での重連も私には見納めに…

個人的に重連運転日の撮影が最後になった今日は…予想通りの薄曇り。
のんびりスタートで、取り敢えずホテルそばのマクド(関西ではマクドナルドのことを呼ぶ)へ行き朝食を摂る。
zさんにメールしてみると…そう、皆さんは早々に出かけられていたのでした…汗w
急ぐことも無く(珍しくも)朝食を済ませて昨日タブレットさんと約束した仁保駅に向かう。
昨日は良かったよといわれるお手軽俯瞰ポイントに行く予定。
風も無く俯瞰には絶好条件。でもあまり高いところはもう体が…オイル切れになって悲鳴をあげかけている。

仁保のバス停辺り…つまり19キロポストを中心に俯瞰するところがある。私も線路端からよく見ていた穴。
新愛宕山とか言うらしい。
丸見えなので知っていたが人が多く集まる定番地を狙うので乗り気ではなかったのですが重連でサイドか
ら狙えるしまた今日は下も少ないと思い撮ってみたくなった。そこでお仲間のタブレットさんが案内してくれる
ということでお言葉に甘えて連れて行ってもらうことになった。
2012-10-14 9521レ 宮野~仁保
f0233120_23161417.jpg

寸前まで晴れていたのだが汽笛が聞こえだした曇りだしてここからの俯瞰にはいい感じになった。
f0233120_23173666.jpg

ここ19キロポストから19.2キロの間にミク友さんやとちさん、ぽんちくくんもいたようです。
風のない今日は宮野からずうっと煙が尾を引いて登ってきた。こんなに長く引いた煙を見るのは久しぶり。
f0233120_23234042.jpg

かすかに目玉が二つ見えます、18.7キロ辺りかな?田んぼもまだ色んな形で残っていていい感じだ!
定番、定番で汽笛がなり重連で速いと言われてましたがたっぷり鑑賞することができました。
f0233120_23285066.jpg

俯瞰?では久しぶりのおき号を撮影…いつも登坂中に行っちゃうんですよね~w
2012-10-14 3001D
f0233120_23323689.jpg

絶気の合図を聞くやすぐ撤収し取り敢えず追いかけてみることにした。りんごと撮りたい…篠目で抜いて
長門峡、渡川をパスして鍋倉にやって来た。
f0233120_23371029.jpg

楽勝で鍋倉に到着。
前記述の通り…ネットが張り巡らされている為りんごに近づけずまた編成が短くポイントがずれて…発車の煙、ドレーン、りんごと撮るつもりが…ガチョーン~レンズ引っ変え取っ替えして狙うも皆イマイチでした。
一発目の愛宕山が良かったので落ち込みも少しですみ津和野へ向かった。

返しは…そうそう今日はSL茶屋がオープンしている!今日こそ猪鍋が食べたい!と、mさんと車内で話しを
しながら白井までやってきた。山側からいかつい人が脚を担いでやってきた!!kさんだった。ww
ADさんは?…途中でりんごを買ってからくるとのこと。煙仲間のkさんと合流して今日は今昔館で行っている
SL茶屋に向かった。
yくんはじめ顔なじみさんがいっぱい!zさん月の中さんもいる!!
みなさんに挨拶してさぁ~猪鍋だ!思わずおかわりをした。www 旨かったなぁ~
どこででもそうだったけど、「今日は息子さんは?」と、よく聞かれた。そう、哲ちんは習い事行事のため今回
は不参加だったのだ。
彼にもこののんびり感で撮影させてやりたかったなぁ~(いつも俯瞰ばかりのタイトなスタイルばかりだから)

もう返しは楽チンカット、竹藪下段でオーソドックスに重連+爆煙を堪能しました。
2012-10-14 9522レ 白井竹藪下段
f0233120_2345624.jpg

f0233120_23452191.jpg

きちんと目玉も確認!!いい煙でしたね~通過後もあとを引くように煙が残っていました。
これで今回も帰阪…こちらは後ろ髪引かれる思いで機材を撤収し追いかけもせず帰阪した。



by DF501C571 | 2012-10-17 23:47 | 親父 | Comments(12)
2012年 10月 17日

2012年 SLやまぐち号 重連⑥

徳佐、鍋倉といえば…

去年りんごと絡めたやまぐち号を撮りたかったがチャンスがなかった…
今年は…早くから来てみたがなんとネットフェンスが張りめぐされていた…汗
きちんと下見ロケハンが必要と痛感した。基本だよね~w
もっと問題、計算外だったのが客車が一両少ないのを忘れていました!!
先頭のc571号の出っ張りが少ない…停車位置があまり前に出て無い…
焦ってしまった…りんごとうまく絡まない…撃沈です。
2012-10-14 9521レ 鍋倉駅
f0233120_2321940.jpg

f0233120_2322539.jpg

f0233120_23222246.jpg

天気もここではいまいち。
ススキやコスモスなら画になったかぁ~ここは哲ちんのアングルが欲しいとこでした。w



by DF501C571 | 2012-10-17 15:10 | 親父 | Comments(2)
2012年 10月 15日

2012年 SLやまぐち号 重連⑤

煙はいい色、山の色彩はまだまだ…

夜半に大阪を出て明朝にいつもの場所に到着。暫く仮眠し寒くて目が覚めた。
f0233120_20533782.jpg

*携帯で撮影
綺麗な朝焼けだ…今日は晴れの一日になりそうだ。

またここへ来てみた…初めての晴れ。
この気象条件は初めて。どうなんだろう?
この日の朝は身が引き締まるほどの寒さだった。このまま低温度だったらなぁ~
朝からお日様も出ていい感じだったのに11時を過ぎた頃から曇りだした。晴れ男では無い私…雨は降らない
男の力で…仁保駅を出る頃は鈍曇り、右奥に仁保駅あたりが見える。
コントラストのない画ですが微か彼方に二条の蒸気柱が見えます、肉眼では解りませんが罐も見えている
はず…間もなく発車です。晴れてくれ~!太陽出てくれよ!!
f0233120_20304175.jpg

*携帯で撮影
発車の合図が聞こえて5~6分が経った。ほらほら~二反田トンネルを入る頃から晴れてきた~どうだ!w
風もないしグッドコンデションです。
2012-10-13 9521レ スーパー大引越
f0233120_2301889.jpg

いい色、いい形の煙です。
ん?また、二つの目玉を逃した~泣w
次は来月、色付き始まっていることの祈ってまた登って来よう。

返しは?そうだ今回は神戸のmさんと二人だけ。ここは撮ったことがないとのことでサクサクと登って見るこ
とにした。そう、サクサクの予定。
しかし、道がないため方向だけで登り始めたのだが方向を見失ってしまいmさんには大変心配をかけてし
まった。ごめんなさいね。
到着したのは15:10pm急いでセッティング。ここはレンズワークが発揮できない(てか、腕がないだけです)
息が落ち着くまもなく汽笛が聞こえてきた。
ここでも風はない、しかし、陽が隠れてしまった…晴れていれば順光になるポイントなのになぁ~
いい色、量、形の煙に…もっと上がってくれたらいいんだけど。
でも二つの目玉は勿論ゲットできました。
2012-10-13 9522レ 神田サイド俯瞰
f0233120_2310591.jpg

f0233120_23111336.jpg

ここも紅葉が始まり晴れればいいポイントになります…なるはず。
今日はここで終了、ゆっくり撤収。mさんには平謝りでの下山。
すると下に車が二台?だれ?…そうですタブレットさんが来られてました。
時間が取れない~と嘆いていたのになんとか時間が取れたとかで私達にわざわざ会いに来てくれた。
久々の対面です。積もる話も撮影後ということで盛り上がり…明日、とあるポイントに連れて行ってもらう
仮約束をして別れた。
今夜は小煙会だぁ~久々にADさんも参加です。www
ホテルではミク仲のzさん月の中さんと会う約束。山口インターそばのアルファーワンh。今夜は鉄が集結
していたようで駐車場では九州のとちさんとぽんちく君とばったり!!
やはり重連運転日はお祭りです。www楽しい一日は重連のようにサッサと過ぎてい来ました。
明日はどうするか…SL茶屋に行きたいしなぁ~俯瞰も決めたいしな~………
ボロボロになった身体を癒すにはお風呂は最高!!ちょっと到着も遅かったのでZさん、月の中さんとは
お風呂もご飯もご一緒できずでした…。
大浴場にいくと…とちさんがいらっしていたのでしばし自己紹介トークに。ぽんちく君はどうしたのだろう?
…ハチが大嫌いとのことそれがなけりゃ俯瞰に誘うのですが…。
さてさて明日はどうするか…お天気は今日よりは曇りが多いとか…。



by DF501C571 | 2012-10-15 23:20 | 親父 | Comments(15)
2012年 10月 15日

2012年 SLやまぐち号 重連④

スーパー大引越…重連では秋遠し
f0233120_0293517.jpg

撮影記は後日…

by DF501C571 | 2012-10-15 00:28 | 親父 | Comments(0)
2012年 10月 04日

2012年 SLやまぐち号 重連運転日

十五夜に…

十五夜のお月様、今年はかくれんぼ
そんな思いから哲チンは何とかしたかったみたい…w
追っかけ中に浮かんだのかな?
f0233120_2133124.jpg

あれれれ…?なんでそっちに行くの?
…話し声が聞こてきそう…でも雨音にかき消されて…
f0233120_21335510.jpg

この機回しで二人は何か会話をしているようだった。
f0233120_21423314.jpg

f0233120_21425899.jpg

f0233120_21432214.jpg

何を話しているんだろう…「まだまだがんばろうな」って、私には聞こえた。

by DF501C571 | 2012-10-04 21:38 | 親子 | Comments(4)
2012年 10月 03日

2012年 SLやまぐち号 重連③

運動会?ではなく追いかけっこ…

さて日曜日は、初日に俯瞰で満足したので(仕上がりは別だけど)お決まりののんびりモードに…
久しぶりに追いかけっこをしようというこに。
実は昨日の俯瞰で両ふとももが筋肉痛…ホテルの一階にある大浴場で疲れを癒したがダメだった、と言う
こともあって…8:00amにそばのマクドナルドに集合。
近くでSLを見るのは最高!近づいてくる音、緊張が高まる。そして即撤収して移動…。
昨日は上から見すぎたので今日はもう少し低い位置から…しかしなかなか難しいなぁ~サイドから狙えば
簡単に重連は判るけど、やはり迫力あるのは正面から…これが失敗の元なんですよね~。w
2012-09-30 9521レ 19.2キロ
f0233120_21461033.jpg
f0233120_2146045.jpg

目玉か二条の煙柱を探したが…写っていませ~ん…か。
次に向かうは渡川のサイドのススキ狙い。
と、途中でkさんのいる篠目先の踏切に間にあうことが分かったので立ち寄ってみた。ここは下りなので
重連の山口号はカッ飛んで行きました。
2012-09-30 9521レ 篠目~長門峡
f0233120_21503081.jpg

そして観光客やら鉄チャン集結の長門峡を過ぎて(哲ちんはどうも長門峡で撮りたいらしい…)ここへ来ま
した。千頭トンネル入坑の汽笛が聞こえた!もう来るぞ!!
先客さんの邪魔にならないように三人は車から飛び出して散りばった。
哲ちんはしっかりススキと絡めていました。が、先客さんの邪魔にならないようにとのことでフル編成は
無理だったとか…。
2012-09-30 9521レ 長門峡~渡川 Photo by 哲チン
f0233120_21541047.jpg

ここも手持ちだったので即移動開始。
次はどうするか…mさんが言うには国道からサイドを見下ろせるとこがあるのでそこへと…なのに私は
裏街道へ向かってしまた。汗
するとパトカーが先導するコロニーに捕まった…ん?なんだ前の車はkさんだ!ついて行くことにした。
当然、定番の地福先の直線だった。
2012-09-30 9521レ 地福駅先
f0233120_2205699.jpg

f0233120_2222369.jpg

いい色の煙だね~流石定番。
さぁ~終了~!かと思うと、mさんが言った。さぁ行くで~ラストのお決まりは徳佐へ。私はあまり追っかけ
もしないし徳佐はあまり好きではないのだが…たまにはいいか~兎に角車を国道側にだして駅先の踏切に
向かうことに。
鍋倉で並んだぞ~ここでりんごと絡めたいよなぁ~重連だからc57は踏切越えて停止しているし…次の機会に?去年もそう思ったんだった…汗
そうだ国道からサイドを見下ろす場所がこの先(mさんが話していたトコ)にあるの思い出した!!
そこはすぐだった。
路肩では無いので他の車には迷惑がかからない国道脇に車をツッコむ、もうすぐ後ろに来ているやまぐち号
を捉えることに成功!!
2012-09-30 9521レ 鍋倉~徳佐
f0233120_22125968.jpg

そして即移動~徳佐駅まで来たら丁度出発の汽笛が聞こえた!ギリギリの追っかけ劇~w
2012-09-30 9521レ 徳佐駅先
f0233120_2284653.jpg

やっぱりかっこいいなぁ~
これにて9521レ終了、この後津和野に向かって初めて重連の機回しを堪能することにした。
雨が降る中十分機回しを楽しでいたら…もう14時だ!お腹も空いてきた!
いつもの?うどん屋に向かって雨で冷えた体を温めるため温かいうどんをすすった。しか~し…時計を見た
らもう14:40pm…のんびりしすぎた?みんな満足だったようで焦っていませんでした。おまけに雨だし。
どこで撮るか?津和野駅発車も考えたのですが既に先客が車を止めていたので白井へ急行した。
どこかお手軽にとるところは?白井の里は…?ここに来て先客さんにいやな思いをさせてもなんだから
築堤をお手軽に撮ることにした。
築堤を目の前にみな好きなところに散っていった。
2012-09-30 9022レ 白井築堤
f0233120_22202720.jpg

f0233120_2221544.jpg

久々の雨のやまぐち…かっぱ着て傘を三脚に固定してカメラを設定。
高峰トンネルの入坑の合図が聞こえた!!
凄い汽笛だぁ~いい煙!ちょっと流れたけどこれは織り込み済み。c56、c57お見事!!
返しは無理に追っかけをせず仲間としばし談話を楽しみ16:00pm解散となりました。
まだ筋肉痛がとれないのでいつもの柿の木温泉で十分体をリフレッシュさせて帰阪しました。
nさん、kさん、そしてmさんお疲れ様でした。
珍しくドバ~とあっぷしてみました。w

by DF501C571 | 2012-10-03 22:24 | 親子 | Comments(10)
2012年 10月 02日

2012年 SLやまぐち号 重連②

兎に角俯瞰…人を避けたいおもいで山の上に。

台風が接近しているという情報が入る。しかし天気図を見ると何とかなるやん!
都合のいい解釈をも甘味して上手くいけば湿度のある空気になると。
予想通りの天候におまけに風もない!これは計算外。
さぁ!スーパーに登るぞ!ただ、モヤが最後まで綺麗に抜けきれずシャッキっとしない作品に
…前回とどう違うのか…上がってきたらその違いがわかります。大w

ここは難しいなぁ~何回かチャレンジしないと「これ!」と、いう条件に出会えないかも…
今回は息子が登るのを嫌がり田代崖展に行くというお仲間についていき私一人の登坂でしたが
飛ばしすぎたのかかなり体にダメージがのこりました。
でも、何度みても聞いても最高のやまぐち号を独り占めすることができました。
音までは映りませんが汽笛の連呼が山間に響いてなお最高でした(おまけビデオ参考)
2012-09-29 9521レ スーパー大引越
f0233120_21384689.jpg

凄い煙です、スピードもあって煙が上に上がらずc56が見えない…
紅葉が始まったらまた来よう………
f0233120_2139963.jpg


哲ちんは…煙仲間のmさん、nさんと田代直線俯瞰の崖展へ。
彼は私の話をしっかり覚えていたのかそれとも…一日車掌を務めた時の乗務員さんが56に
乗務しているから見えたらバッチリ撮ってね!と。しっかりと写っています。
2012-09-29 9521レ 田代直線(崖展より)
f0233120_21425025.jpg

通過後、即撤収し田代崖展組に負けないように下山開始…しかし途中で登坂でパワーを使いすぎたのか
足がつり暫く動けなくなってしまった。
しばし休憩しストレッチをしなんとか下山開始、最後の斜面には行きにロープを垂らしておいたのでサクサ
クと降りることができ12:15pmに車のもとに到着。心配かけた仲間に連絡し機材を積み込み上着を着替
えて仲間と合流した。
移動車内で昼を摂り津和野へ向かった。9522レも天気の大きな崩れがなければ57俯瞰と決めていた。
とにかく足が持つだろうかと心配しながら登った。
身体にはダメージがあったけど一人じゃないので楽しく登坂でき余裕で到着、思い思いの場所に三脚を
展開、しかし、まだまだ下の木々が青々としていて車両がうまく見えるだろうか?

不安は的中…風は無いが段々露出がなくなってきた15:30pm頃、9521レ同様汽笛の競演でやって来た!
2012-09-29 9522レ 57俯瞰
f0233120_99531.jpg

f0233120_9103362.jpg

風がなく最高の煙でした。Zに上がっていたら綺麗に残煙で「Z」になっていただろう…と、思った。

紅葉はまだまだと分っていましたが何か往復共に眠たい画像になってしまったぁ~。泣
また、次がんばろうっと。W



by DF501C571 | 2012-10-02 21:47 | 親子 | Comments(9)
2012年 10月 01日

2012年 SLやまぐち号 重連①

今年もこの二輌の響煙が始まった

初めての日曜日は生憎の雨っだたが津和野には大勢の観光客、ファンが集まった。
f0233120_23142226.jpg

雨のせい?締まりない画ですね…また。白いツブツブは埃では(デジタル画像だっちゅうのに…W)ありま
せん。
f0233120_23143617.jpg

台風が接近中の週末いよいよ重連運転が始まった。どんな雄姿、競演を見せてくれるか楽しみです。



by DF501C571 | 2012-10-01 23:10 | 親父 | Comments(10)