<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 25日

2013年 紀勢線 きのくに線④

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by DF501C571 | 2013-08-25 19:56 | 親子
2013年 08月 24日

2013年8月 紀勢線 きのくに線③

リベンジも早々に片付けることができた。
今回私の目的は他にもあった…283系のパノラマ先頭車両を海と絡めて。
パノラマやらオーシャンや私もよくわからなかったんですが…ペリカンみたいな顔をしたやつ…www
全然国鉄感ないんだけど…この紀勢線も287系という新しい編成が走り出している。
白浜以南はまだ走っていないようだから今のうちに抑えておこうとおもってレンズを向けてみました。
2013-8-17 紀伊田原~古座
f0233120_22394334.jpg

今回はいいタイミングに車が来なくてラッキー?でした。
f0233120_2240725.jpg

ここもレンズ…フレーミングの選択に悩むポイントです。相変わらず国道が邪魔です。ww
そうそう、今回はここへ来る前に昔有名だったポイントに立ち寄って撮ってみたが、どうやらジャングルの
ように樹木が育ちベストポジションでは撮れませんでした。
2013-8-17 周参見~見老津
f0233120_22461251.jpg

てっちんは道路脇から…ここも昔は編成が綺麗に見れたそうな。
f0233120_22483290.jpg

これもてっちんが…
f0233120_2249341.jpg

この283系とやらの反対側(大阪側?)はこんな顔…一番気に入らないや…w
2013-8-17 下里~紀伊浦神
f0233120_22523474.jpg

そしてもう一つ有名なポイント…古座川橋梁。前回も夕方に来たんだけど、どピーカンでイン側からは
コントラストがきつくて諦めていたんだけど今回は薄曇りだったんで構えて待っていると…
いらないところで発揮!!!晴れ男パワー?www
2013-8-17 古座~紀伊田原 381系
f0233120_22562485.jpg

このあとアイスキャンディーを食べにコンビニに向かいました!!うまかった!w

by DF501C571 | 2013-08-24 22:57 | 親子 | Comments(4)
2013年 08月 24日

2013年8月 紀勢線 きのくに線②

早速リベンジ…この日も暑い~

伯備線の遠征も貨物が積載されていないとのことでこちらにリベンジにやって来ました。
てっちんも前回の作品をみて現地に来たいとのこと…
早朝、4時に大阪を出発、現地で前回誘ってくれたs君と合流。この日までに現地のでの資料を調べましたが
やはり簡単に行けるには前回行ったポイントが良かったようです。
しかし、同じじゃ面白くないので他にも足を運んで見ました。
先ずは前回のリベンジからアップを…w
2013-8-17 下里~紀伊浦神 岩場展望
f0233120_1239613.jpg

前回、ビデオ操作できちんとファインダーを覗かずシャッターを押したので今回はきちんと…w当然!
手前の海はカットして奥に見える線路入れてみる、編成も確認!!左を多めに入れれば編成切れという
ことは発生しなかったかもしれないのですが海沿いは必ず国道が並走しています。
今回は一緒に車が来なかったから良かったんですができるだけギリギリで左はカットしたフレーミングに
なります。
今日も暑かったんですけど前回よりましでした。危険なポイントなのでてっちんがいてる分、集中力を保持して挑みました!!!www
f0233120_1244421.jpg

てっちんがワイドレンズを駆使?して、私とくろしお号をパチリ!
ここではレンズを変えるだけで奥、中、サイド、手前と撮れます。
f0233120_12473997.jpg

f0233120_12475850.jpg

今日も海はいい色でした!暑いけどほんとここは最高、今日は風も多少は吹いていていい気分でした。



by DF501C571 | 2013-08-24 12:50 | 親子 | Comments(4)
2013年 08月 20日

2013年 紀勢線 電化区間 きのくに線①

海も列車もエメラルドグリーン

例年にない程の暑さ…鉄仲間のS君に誘われて南紀方面にでかることにした。
電化区間はあまりローカル線っぽくないのだが白浜より南は単線区間になることと紀伊半島の海沿いを縫う
ように走るので結構いい感じの景色が待っていた。

今回はS君のお勧めでの撮影行脚、彼は学生の頃からのバリバリの鉄ちゃん。当時…ゴハチ(EF58)を追
ってこの紀勢線にもよく足を運んでいたそうだ。
そんな彼に計画を任せて今日はパッセンジャーシートに。www
兎に角新型も投入され始めたこの路線で青い海を絡めて381系と283系を撮りたい。しかし、国鉄型の顔
をした381系は全て大阪方面を向いている。
光線が難しい…列車なのでケツ打ち(後追い)も可能なのだが…。先ずはパノラマカーから、熊野灘らしい
ゴツゴツした海岸線がいいね~
2013-8-10 紀伊田原~古座
f0233120_20151435.jpg

下におりてオーシャンアローをゲット
f0233120_20164579.jpg

編成を全て入れるのは難し~普段そんなこと気にしないし短い編成しか狙わなかったし…
f0233120_20171098.jpg

岩場を走って後追いも狙ってみる
f0233120_2021235.jpg

こんな普通列車が走っている、これも寿命が近いとか…
f0233120_20214649.jpg

これでここでの撮影を終了しクーラーの効いた車内へ!とにかく暑い!!溶けるとかの世界ではないぞ…
水分補給し昼を食べて次なるポイントへ移動。
ここも有名ポイントらしいんだけど絶景でしたね!!入道雲がなかったのが残念だったけど海の色が綺麗!
これこそエメラルドグリーンだ!
2013-8-10 下里~紀伊浦神
f0233120_2029253.jpg

やったね!381系国鉄スタイルくろしお号ゲット!ここなら編成も気にせずと思っていたが手前の海を入れ
たい為、好きな縦位置にしていたので結構いっぱいいっぱいになってしまった…汗
f0233120_2031104.jpg

ここへはチョロチョロ俯瞰程度の歩きなのだがなんせこの気温…Sくんは「生命の危険を感じた」と言うほどの
暑さだった…また、足場もよく無く列車を待っている間の待機が大変だった。
短い玉が有れば色々楽しめる!また、長玉も使える!奥の沿線沿いのカーブが狙えるのだ!!振り向きの
後追いは撮れませんがここはお気に入りになりましたね!!
f0233120_20354064.jpg

やってしまいました…見ればわかる方にはわかるでしょう!そうです、後ろが切れています。
編成を気にはしない私ですがここは入るのだから入れないとね~
即、リトライ決定!盆休みは伯備線に行きたいと思っていたのですがコンテナが載っていないとの情報
頂きこちら紀勢線へ再チャレンジすることにした。今度は哲ちんも一緒に来ることに…w

動画はおまけですので…手持ち撮影のところでは撮れてませんしドタバタな映像ですがお許し下さい。


by DF501C571 | 2013-08-20 20:38 | 親父 | Comments(7)
2013年 08月 15日

終戦記念日

68回目の終戦記念日…クーラーの効いた部屋で高校野球を見ながら黙祷のシーンを視聴し思った。
毎年この日は高校野球を見聞きし黙祷をする機会があり平和を祈願する。
無抵抗の尊い多くの命が奪われた戦争が物理的に終戦した日だ。

今年はこれとは別に個人的に大変心痛めたた事柄が起きた。7月28日、山口、島根の県境を中心に
記録的な大雨が降り大きな大きな災害が発生した。
これにより近隣住民は生命の危機にさらされ未だに元の生活に戻っていない。また、大好きなJR山口線
がこの大雨災害により多大な被害を受け沢山の盛り土の流出、橋脚の流出破壊等…レールも無残に曲がり
どこに何があったのか判らないほどになっている映像を見た。
住んだことがないし親戚がいる田舎でもない。なのに涙がでるほど悲しく心が傷んだ。知り合いも多く、迷惑
にならないよう連絡をとり安否を確認した。
クーラーを切りサッシを開けて…現地の姿は元通りにならないだろうが兎にも角にも地元住民の方々には
不自由でない生活が戻ることを祈った。

いつブログを更新しようかと思いながら半月が経ってしまった…当分、やまぐち号には出会えない。
復活することを懐かしい写真のアップなので応援する仲間もいる。私もローカル線等に足を運んで写真は
撮り続け時々、懐かしい等をアップしながらブログを更新していこうと思います。

白井の里…誰が言いだしたのか?ここ鹿足郡白井地区は私が十代の頃に初めてやまぐち号の9522レを
撮影したところです。
当時は細々とした里道で今あるトンネルはまだなく行き止まりの坂道を津和野駅前で借りた自転車で訪れ
最初は本当にこんなところを汽車が通るのか?と、思ったぐらい静かな場所だった。
もっと違ったアングルをも考えていたんですが何故かトンネルポータルから…島根県側最後の地点から
撮影した。
f0233120_2154978.jpg

f0233120_21542790.jpg

これは1984年4月5日の画像です、印画紙からのスキャン画像の為、状態はよくありませんが一枚目は
白井の最終カーブであることが判ります。向こうに見える石州瓦の建物はmさんのところでしょうか…前の道
が写っていますが車がやっと通れるかと言うほどの幅というのが解りますね。
この時からすれば先月までの白井の里も凄く変わっていいます。これは時代の流れなのでしょうか…
今後、ここは必ず復旧されますが今度はどんな里山となるのでしょうか…早く元気になって欲しいです。

by DF501C571 | 2013-08-15 22:02 | 親父 | Comments(6)