ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 22日

2017年5月 播但線も水張りすすむ

淵での一期一会

お気に入りのブロガーさんが素敵な画を撮られていた。
一度出会ってみたかった風景
一生に一度とは言いすぎだがそれほど稀有な出会い。
2017-5-20 播但線 淵
f0233120_2239441.jpg

縦位置が好きなんだなぁ~水面半分ぐらい水草が浮いていたんで縦に絞りま
したが横位置もいいなぁ~
f0233120_2240582.jpg

お昼過ぎに訪れて陽が沈みきるまで弁当を食べながらカエルの合唱等聞きな
がら過ごしていました。
空が青かったのでいっぱい入れてみました。
f0233120_22435485.jpg

何度も通って撮るもよしなんだろうけど...GWに一度来てみたがまだまだ
だった...ブロガーさんに情報を頂きこの日に決めていました~W
GWからずっと週末の予定が決まっていてうまくこの日が開いていました!W
来たときはもう初夏気分な色合い
f0233120_22462972.jpg

水鏡には程遠い状態でしたが夕方が近づくと風もやみ水面も少し落ち着いて
きた。
ラストも数分で山影になってしまったがギラギラもなくしっとりもいいなぁ~
f0233120_22514522.jpg

完璧でないのでまた来年の楽しみになりました。W



この日の淵でのシーン

by DF501C571 | 2017-05-22 22:58 | 気動車 | Comments(8)
2017年 05月 21日

2017年5月 サロンカー土佐路号②

大歩危駅

本線で単線の駅
貨物列車や普通列車の交換追い抜きの為の退避等...
当時の面影がくっきり残る名駅大歩危駅
機関車が牽く列車が走ること自体稀有な今、三線に列車が並んだ。
2017-5-14 土讃線 大歩危駅 9304ㇾ
f0233120_1714569.jpg

単線故、直ぐにダイヤが乱れる...単列車には大きすぎるが今でも昔のままだ。
発車の汽笛も懐かしいなぁ~
f0233120_17113728.jpg

多少、木々が邪魔をするが天井ばかりの下り列車の画像と違って
しっかりサロンカーカラーがわかり土讃線らしい渓谷を絡めての
一枚となった。
f0233120_17154421.jpg

汽笛とジョイント音が心地よく山々に響いていた。



by DF501C571 | 2017-05-21 17:19 | 特別列車 | Comments(2)
2017年 05月 18日

2017年5月 大歩危俯瞰

大歩危駅を見下ろす処

約34年ぶり...土讃線を走る列車を撮りにこの渓谷に訪れた。
特別な列車が走るから...国鉄時代のDLが客車を牽く。
後で判ったことだがやはり多くの鉄道ファンがこの路線に集まった
ようであちこちで問題を起こしていたようだった。
場所の取り合い立ち入り禁止の無視、無理な運転での追いかけ...
いつものこと?それは織り込み済みで私は上りも下りも俯瞰で一発
勝負。
ポイントには早くから到着しすれ違う地元の方と挨拶を交わして
一時の立ち話、約10時間以上は滞在していただろうか...
下り狙いの大歩危駅俯瞰では下見の時からここ内六集落にお住まい
ご夫婦と仲良くなり駐車スペースもご指示頂いていたので前日からの
車中泊。
夜半から霧が立ちだし夜間の撮影も少々楽しみながら...
ここでは茶畑を絡めたかったのだが今は少し難があり下りは天井が
目だったので上りはできるだけサイドが見えるポイントと決めていた。
f0233120_2332198.jpg

早朝は霧で辺りは真っ白。昨日と同じだった!
段々と霧が晴れ下界が見えるようになってきた...ポイントは決まっ
ているので焦らない...次々と車が人が上がってくる!
皆さん定番のガードレールの所へ行くようだった。
ご夫婦に地元の銘茶を頂いた!何と読む?「ぼけちゃ」歩危とは
こちらで昔、崖のことをぼけと呼んでいたようです。

確かに急峻な山々...見下ろすような場所ばかり...昔、大歩危
俯瞰として撮影したポイントはどうなっているのかと思っていたが、
線路端の草木等が伸び放題で撮影は不可となっていたようでした。
f0233120_23103177.jpg

ここは崖崩れによる落岩防止が線路を被せていて物理的に列車の撮影
はできないようです。
大歩危、小歩危峡谷で撮影するところは少なくなっているが集落は
今も変わらず素敵な風景が残っていました。
さて、お目当ての列車撮影は上手くいくかな~お天気は最高のようだ!

by DF501C571 | 2017-05-18 23:14 | 親父 | Comments(0)
2017年 05月 16日

2017年5月 サロンカー土佐路号①

サロンカー、新緑の土佐路走る

紅葉より短命の新緑の時季、土佐路を紅い凸がサロンカー携えて
やってきました!
2017-5-13 土讃線 9203ㇾ 土佐穴内~大杉
f0233120_21442427.jpg

未明まで雨が降りこの辺り特有の霧が立ち上っていましたが天気予報通り昼からは
太陽も顔を出してバリ順となり新緑が眩しかった!
f0233120_21464342.jpg

午前中のうす曇りの方が遠景の山は色が美しかったけどこの回復天気...贅沢で
す!w
f0233120_2149385.jpg

二週間前に下見に来たときはもう少し線路に被っている枝が少しだったのに...
まぁ、仕方がないかな...どうしても歩危峡谷を大きく取り入れたかったので
このアングルで大満足!
前日に直接この場所に、通過まで約10時間待ち?www
ここを通る地元のおじさんとは昔の撮影場所とか教えてもらいながらいろいろと
話して頂き長い時間もあっという間に。
沢山集まるかと思ったけど...昼までにここに来られたのは関西のお方お一人。
地元話でわいわいと。
そのあと、名古屋から学生さんがお一人で。
息子と思うほどでいらぬお節介など焼いて楽しく過ごすことができました。
そのあとは...追っかけの方が数人...なかには見覚えのある方もwww
現地でご一緒いただいた皆さん、お付き合いありがとうございました。



by DF501C571 | 2017-05-16 21:59 | 特別列車 | Comments(6)
2017年 05月 14日

2017年4月 土讃線②

新緑の風薫る土讃線

5月13、14日にDE10牽く客ㇾが土讃線を走る情報が入る
十数年ぶりに訪れる土讃線は変わっているだろう...
下見を兼ねて当時、知り合いになり今も付き合いのある旧友と
訪れてみた。
2017-04-29 土讃線 穴内俯瞰
f0233120_21325758.jpg

2017-4-30 土讃線 白川橋梁俯瞰
f0233120_23241496.jpg

白川橋梁を見下ろす集落で畑作業をされていた集落の方とのお話に引き続き、大歩危駅を
俯瞰する有名地でも集落にお住いのご夫婦と立ち話をさせていただいた。
下見そっちのけで色々とお話を聞かせてもらった。そんな時間も撮影行脚には楽しい
ひと時でもある。
2017-4-29 土讃線 大歩危駅俯瞰
f0233120_2325614.jpg

2017-4-29 土讃線 大歩危峡まんなか俯瞰
f0233120_23263898.jpg

...現在、定番と呼ばれているポイント巡りですね。
時間帯、光線によって色がマチマチ...W
気になる所を数か所周り定番ではないような所を探ってみる
2017-4-30 土讃線 第二吉野川橋梁 スーパー大歩危俯瞰
f0233120_21355480.jpg

2017-4-30 土讃線 祖谷口駅界隈俯瞰
f0233120_23335814.jpg

f0233120_23341167.jpg

f0233120_23343317.jpg

第二吉野川橋梁も俯瞰ポイントがあったので第一吉野川橋梁も俯瞰ポイントを
探してみた。
2017-4-30 土讃線 吉野川第一橋梁
f0233120_23364983.jpg

f0233120_233736.jpg

ここは光線もいいタイミングだが、凸凸+5Bではめー一杯...パッツン
パッツンで窮屈だよなぁ~ここは無いなぁ~W
線路端がジャングル状態なのでやはり今でも撮れるとなると定番がベストと
感じた...
本番のサロンカー土佐路号はどこで撮ろうか?

by DF501C571 | 2017-05-14 23:38 | 気動車 | Comments(0)
2017年 05月 09日

2017年4月 高徳線

高徳線に紅い陽が射す

初めて高徳線でカメラを構えた、もう少し早く訪れたかった...
私には見慣れない気動車だ。
2017-4-30 高徳線 大坂峠
f0233120_21464324.jpg

国鉄時代にチャレンジ20,000キロってのがあってその時に乗りつぶしで走破した
だけの高徳線。
今じゃ気動車王国と呼ばれているらしいが...風景は気動車王国に似合う所だった。
f0233120_21501011.jpg

また、四国に来たくなりました。

by DF501C571 | 2017-05-09 21:49 | 気動車 | Comments(4)
2017年 05月 07日

2017年5月 サンライズ出雲

陽は二度昇る

GW連休にサンライズ出雲は臨時を含め二本下ってくる。
先ずは定期列車の4011M
2017-5-3 4031M 伯備線 上菅
f0233120_14191964.jpg

まだ水張りは完全ではありませんでした...
f0233120_14205650.jpg

この後、もう少し北へ移動し陽の長いこの時季にならではのポイントへ
二年前に来た時のポイントは今は竹が伸びきって撮影が不可となっていた。
いい感じで水が張られいるのでなんとかここで撮れないかと場所を探して...
じっくり構えて待つこと一時間以上、定刻にサンライズ出雲91号がやって来た。
2017-5-3 9011M 伯備線 黒坂~根雨
f0233120_14285937.jpg
f0233120_14293863.jpg

以前は、手前の直線は左側面が見えるポイントだったのだが今は、ポールの立つ
右側を狙うポイント
f0233120_14315586.jpg

画面中央にある町民グランドがなければいいんだけど...汗
フェンスが目につくんだよなぁ~W
f0233120_14325934.jpg


by DF501C571 | 2017-05-07 14:34 | 親父 | Comments(2)
2017年 05月 04日

2017年4月 土讃線開拓

スーパー大歩危

大歩危渓谷と言えば幅広いので勘違いするかもですね。
スーパーと冠をつけてよいのか...今までに見たことが
ないので今のところはいいかな。
2017-4-30 土讃線 吉野川第二橋梁
f0233120_2241506.jpg

渓谷が深いので光線を考えると撮影の時間帯が難しいところでもあります。
f0233120_2235592.jpg

ここでの定番は傍のホテルの一室からが一番かと思いますが一般にはこんな
感じでしょうか?
f0233120_22372145.jpg

学生の頃はこの鉄橋を渡って対岸からも撮影をしたことがあったが今でも
犯罪になりますね...
夏の暑い時だったので列車待ちでこの下で泳いだこともあるが今は遊泳禁止?
ラフティングが盛んになってはいるが...こんなのは昔は無かったなぁ~

by DF501C571 | 2017-05-04 22:39 | 気動車 | Comments(10)
2017年 05月 01日

2017年4月 土讃線

今も変わらぬ小歩危峡谷

私の鉄道写真行脚のスタートとなった土讃線、鉄道撮影目的での四国へは
30年ぶりで、ここ白川橋梁は7年前に青春18きっぷのポスターとなってい
たが俯瞰場所からだった。昔の定番は橋梁そばが定番だった...
2017-4-30 土讃線 小歩危~阿波川口
f0233120_21112414.jpg

ポスターと同じ場所からも撮影は可能だったが手前の竹とケーブルをかわす
ため角度が多少違いますがこちらの方が今は良いと思ったのでこの場所で。

この橋梁は昔から有名な撮影地でした。
学生の頃に小歩危駅から歩いて撮影に来たことがあったので同じアングルを探っ
てみたが...今は鬱蒼と木々が伸び同じところでのカットは今は撮影不可と
なっていた。
f0233120_21151169.jpg

f0233120_21152495.jpg

走る車両は違えど30年の年月が流れたとは思えぬほど変わらぬ渓谷美だった!

by DF501C571 | 2017-05-01 21:17 | 親父 | Comments(6)