2016年 10月 16日

2016年10月 連休二日目

田代直線正面俯瞰

田代直線といっても二反田界隈と同じくバリエーション多く立ち位置が沢山
ある撮影場所だ。どこが定番?全部?W
昨日は地べたの定番?だったので今日は俯瞰では下段と呼ばれているお手軽
な俯瞰場所へ。
2016-10-9 9521ㇾ 田代直線俯瞰下段
f0233120_18315424.jpg

今日は風が強いと予報...最近の天気予報はよく当たる!
暴れる前に何とか抑えるが後は暴れるとか流れるとかではなく無茶苦茶な状態になって
登ってきた!泣
引いた画は特別な色の山になっているわけではなかったのでほぼアップ気味のカットに
設定していて正解か?W
いつもより暴れるポイントが早い!泣
f0233120_18354723.jpg

昨日よかった飛び出しも撮っておく。
f0233120_1836391.jpg

この日は昨日と違ってここへ来られているのは数人か...もちろん俯瞰は私ら
二人だけ...スーパーに居るかどうかはわからないけどね~W
待ち時間はS君と二人馬鹿な事大きな声でワイワイと騒いでました!
人気が少なくいい待ち時間を過ごせました!W
...実はこの後、片道三時間のポイントへ連れて行ってもらうことなっているので
無理をしなかったということもあったのでした!WWW

*現像で無理をして黒が汚いが...なんでここまでC571を黒にするのかね~怒
「やまぐち号」は現役時代の蒸気機関車とは違う特別なんだからその当時を忍んで
リスペクトしてあまりまっくろくろすけにはしてほしくないですなぁ~怒



# by DF501C571 | 2016-10-16 18:44 | 親父 | Comments(6)
2016年 10月 13日

2016年10月連休初日 篠直俯瞰

霧雨

雨が細降るなか俯瞰に向かう...これを仲間内では俯瞰の博打と呼んでいる。
撮りたくても、狙ってもなかなか思うように撮れない画があるが今日の一枚はその類いだろう。
2016-10-8 9522レ 篠直俯瞰(QT俯瞰)
f0233120_22593846.jpg

朝から15時頃まで作業に没頭しドロドロくたくたになった状態で9522を撮るために一番近い
篠目に向かった。
一緒にいたSくんに「博打で登る?」と聞いたら「行ってみよう!」と即答。
後から来た数人と霧が立ち込める山にわけ行った。
到着...見事に真っ白!どこに線路があるやら...同行の仲間にある程度の方向を伝える。
通過まで30分、一瞬線路が見えた!その時にピントを合わせたがその後は全く見えない!
そのうち追っかけの車のライトが見えた!画角のチェックのみピンがきているのか露出が適正
なのかなんて全くわからない...一昨年の大引越の二の舞になるのか...
発車の汽笛が聞こえるが全くガスが晴れない...風がないのがいいのだが視界がなければ
意味がない...集中しているとそんな中C57のヘッドライトが見えてきた!ライトだけだ~泣
しかし、女神は少し微笑んでくれました!集中して覗いてレリーズしているとだんだんと見える
ようになってきた!妄想か?いやいや違う少しガスが掃けていたのだ。
ほんの数秒の勝負でした!これはなかなか撮れない画がゲットできました!一緒に登った
6人の誰が運を持っていたんでしょうね!
その時のことは↓の動画でご覧下さい。

個人的には素晴らしい画が撮れたと喜んでいますがこんな天気で俯瞰はダメ!どピーカンなの
に逆光になるポイントはダメとか...綺麗な順光だけが美しい画ではないので想像力を発揮して
いろんなコンデションで色んな場面に対峙しないと狙っていない偶然にも出会えない。
創造力を楽しむチャンスでもある自然界、これからも色々狙ってみたいですね。

いつも誰でもそこにさえ立てば出会える風景と言っていますが...
ただ、コンデションの悪い場所、また暗くなるのが早くなるこの時期には一人での行動は危険が
つきます。
また山に入るならできるだけ複数人で行動することをお勧めします。
何があるかわかりませんからね。そして地元の方に迷惑がかからないよう、車の止め方等にも
十分注意を払って撮影しましょう。



# by DF501C571 | 2016-10-13 23:23 | 親父 | Comments(14)
2016年 10月 12日

2016年10月連休 田代直線

定番地の整備

今年の連休はすっきりとした天気にならない日が多かった...
この10月連休もC571を取る予定を組んでいた。
2016-10-8 9521レ 田代直線
f0233120_23282189.jpg

今回、ここ田代定番地へ行く途中にある橋の架け替え、線路際の木々の伐採整備があるとのこと
で、参加した。
橋は朽ちかけ大きな穴があいていて非常に危険な状態だった!以前に私の仲間がここの穴に
はまったことがあった。
また線路際は何処もそうであるがかなり線路側へ枝が伸び運行にも撮影にも支障がありそれらを
整備することになった。
私も少しでもお役に立てればたと得意なB班?に加わった!W
f0233120_23334114.jpg

ここは9521レとしては最大の峠の終盤で見ごたえのある有名ポイントの一つ。
今後も鉄道ファンのみんながその勇姿を収めることができるようにと地元の方、JRの方とやまぐち
号をこよなく愛する鉄仲間の有志が集まって整備にあたった。
私はスパイダーマンの如く?トンネル侵入まえの両サイドの壁のような石垣から伸びでた木々を
整備するの手伝わせてもらった。かなりすっきりしたのではないかな?
なので橋がどのように変わっているのかわからなかったのだが帰りにみたら...立派な橋が
架かっていた!
f0233120_234661.jpg

翌日もう一度この地を訪れた。早速、撮影の為に渡らせてもらった!WW
f0233120_23463928.jpg

当日、この整備に参加頂いたみなさん、本当にご苦労様でした!

# by DF501C571 | 2016-10-12 23:49 | 親父 | Comments(14)
2016年 09月 25日

2016年9月 二反田スーパー

何かを求めてここへ...

前日同様な天気だ...運行はあるようだが...
降雨を考えて線路端か?結局、幻想的になるかもと思いながら斜面に向かった!w
2016-9-19 9521レ 二反田スーパー
f0233120_23124843.jpg

台風前と言いながら風も強くない!多少煙も白が混じり始めていい煙になってきた!
寸前までガスが目の前を何度も通過し幻想的とも言えない酷い状態だったがスッキリと姿が
見えたし奥の田んぼまで見渡せた!www
連休中日は残念ながらウヤ。昼前から雨も上がったので二反田で少しテコ入れを...
これのせいではないけどちょっと野暮ってしまった...この日は雨が降るかも知れないという
こととちょっと手入れした現状を捉えようかと線路端狙いだったんだけど...
悪い仲間だね~www当然登るよね?って。体調が回復しているよという証の為?にも
果敢に俯瞰の準備をした。
f0233120_23175676.jpg

モヤがかかるような幻想的なものを狙っていたが結局はすっきりとしっとりと台風前とは思えな
いような一枚になりました。
天候不良のおかげかここらの集落はまだ収穫が終わっていなかった!ラッキーだった。
湿度も高くこの連休最高の煙で峠を登ってきた9521は木戸山からずっといい煙が登って
いたので期待通り姿を捉えることができました。
乗務員さんご苦労様でした!!!!

下山後...雨にうたれたわけではないのに服は上下とも汗でビッショリ。サウナスーツを
着ていたようでした。www
今回はちょっと色々ありましたがご一緒していただいお仲間には感謝です。
中日に撮影はできませんでしたが&ロくん、かもめさんとお会いすることができました!
次回はまたまた連休でしょうか?宜しくお願い致します。



# by DF501C571 | 2016-09-25 23:26 | 親父 | Comments(7)
2016年 09月 24日

2016年9月 牧ヶ野57カーブ

災害後初めての57カーブ

ここも久し振りに登ってみた...しばらくこない間に勝手に下段となりまだ上が
あるのだそうだ!w
&ロくんにそこそこで行けると聞き中段というところへ一緒に登ってきてみた。
2016-9-17 9522レ 牧ヶ野57中俯瞰
f0233120_23332565.jpg

災害前はよく来ていたが災害後は足が遠のいていた...線路端までは来ていたのだが
登ることはしなかった...そう、この辺りはも土石流?表層崩れが起きていて川原が無残
になっていた。
当時、イン側にあった邪魔?な二本の杉の木がなぎ倒されてなくなっていて多少スッキリ?と
なっていた。
その崩れてなくなった山肌の上部から眺めが良くなり新しくポイントとなっていた。
昔、植林された直後に牧ヶ野カーブと呼ばれていた雰囲気に似ているが大きな違いは牧ヶ野
トンネルと第一神田トンネル間が見えることだ!向こうには青野山も見える!平成のメルヘンランド
みたいだなぁ~www
f0233120_2340450.jpg

大事なカーブは少しカーブが小さくしか見えない。カーブを収めるなら下のポイントがいいかな...
新たな木がイン側で邪魔をしている。
まだこの上があるようだ、遠くがもっと見えるとのことだがカーブが見えなくなるということと今回
は体力が私もsくんもなかったのでここで大満足することにした。
ここ57俯瞰シリーズは目的を持って上下と決めるのが必要のようだ。
しかし、ここは立ち位置が悪く足を常に緊張させていないといけない...午前にはしゃぎすぎて
下山時には足がつってしまい同行のお二人には迷惑をかけてしまった~恥
ここも秋の時が気温が低い時に白煙を棚引かせたて走るc57を撮りにきたいなぁ~w

https://youtu.be/BcS4XdA2KIM

# by DF501C571 | 2016-09-24 23:49 | 親父 | Comments(8)
2016年 09月 22日

2016年9月 やまぐち号木戸山越

秋雨前線もひと休み

連休にはやはり山口詣
しかし、台風やら前線活発だとかで天候の予報がよくない...降らない男発揮できるか?
曇りなら久し振りに来てみたかった木戸山俯瞰、寸前までは薄日も射していたがいい曇になった。
2016-9-17 9521レ 木戸山俯瞰
f0233120_10305978.jpg

c571号での標準編成をこの天気でようやく収めることができた!
何年ぶりだろうか?二年半振り?当初は線路端から取り付きルートから
めっちゃしんどかったなぁ~泣...dd51が付いたりでなかなかオリジナルを撮りに来ていなかった。
f0233120_1033429.jpg

季節を選んで...冬がいいんだけどね~ここは紅葉する木が少ないからね。
紅葉していない手前の尾根が邪魔なので今回はこんなアングルで狙ってみました。
今回は雨降らない男発揮!この後も雨には打たれたくないなぁ~と...

また、一緒に来たsくん同い年なんだけどお互い体力落ちてきたなぁ~と、必死でn部さんについて
登りましたが...あとどれだけ登り続けられるかね~www

おまけの動画はこちら↓↓↓ 全てのカットがみれます!w


# by DF501C571 | 2016-09-22 00:29 | 親父 | Comments(12)
2016年 09月 03日

2016年 SLやまぐち号 夏のHM6

夏草雑草道

連休最終日...今回の狙いは昨日ゲットできたので昨晩はゆっくりして今日帰阪予定。
今朝はまじでのんびりスタート...でまたもここに!w
軌道敷に生い茂る雑草を絡めてローカルっぽく撮ってみたかった。
2016-8-14 9521レ 二反田
f0233120_11131782.jpg

地面を舐めるよに狙うと陽炎が現れるのだが軌道敷にいっぱい伸びた雑草がいつもの陽炎
表現にならずにローカル感がでたかな...?
ここで悲劇が...トンネル入坑の汽笛で驚き...持参していたスマホにいらぬ圧力をかけて
しましい破損...泣
f0233120_11232379.jpg


ともあれ楽しい夏行脚の終了である。ふたりして連日汗ビッショリの行動だった。
この暑い時にしっかり俯瞰を行っていると?涼しくなったらどこに登っても体は楽なはず!w
夏に楽していると体力低下の現実がはっきり出るからね~これだけ暑さに対峙しておけば
秋は楽に俯瞰できる!w
次は残暑の頃か?稲の刈り入れは終わっている頃かな...だったら線路端の整備で草、
木の刈り入れでもしましょうか!?ww

盆休み...今回もつきあってくれたsくんおつかれさん!
また、現地で楽しい時間を共有してくれた&くんありがとうございました。
次回はまた連休の予定!二反田の整備がメインか?www



# by DF501C571 | 2016-09-03 11:24 | 親父 | Comments(4)
2016年 08月 28日

2016年 SLやまぐち号 夏のHM5

久しぶりの白井地区

しばらく白井地区に足を運んでいなかったが築堤の逆サイドの木々がないことを
知って是非、ここから狙ってみたかった。
2016-8-13 9522レ 天狗岩
f0233120_19124972.jpg

こちらからの俯瞰画像は昔C581が元気だった頃の画像...やっと狙えることができた!
また、この築堤は色んなところから狙えるがなかなか煙が上手く収まることがない。
今回はどちらにも流れず暴れずいい棚引きになり後ろの棚田もいいアクセントになった。
f0233120_19161918.jpg

この時季の画としてはほぼ完璧だね!ガクガクの足で登ってきて良かった!今回も&ロくん
にお世話になりました!ここはほんと来たかったんだよね。
到着したときは高さが無いが絶景でしたね~白井地区の有名俯瞰ポイントが丸見えなん
だから...W
SL撮影本番もいいのが撮れて疲れも吹っ飛びました!ありがとうございました!



# by DF501C571 | 2016-08-28 19:21 | 親父 | Comments(10)
2016年 08月 26日

2016年 SLやまぐち号 夏のHM4

あそから見えそう!

休みも三日目に。
前日車窓から指差して...あの三角に伐採されてとこから撮れるらしいで!
見えそうやな!

2016-08-13 9521レ 長門峡伐採大俯瞰
f0233120_23423856.jpg

下から見上げて言ったらあかんなぁ~「あそこら見えそうやなぁ~」...ww
きょうは再び&ロくんに帯同、ふと尋ねるとあそこはなんとなくわかると言う。
今日も昨日に引き続きそこそこ抜けが良さそうなので三人で行ってみることに。
&ロくんもここには行ってみたかったらしく意思は通じたようで早速取り付きに向かった。
しかし、彼と一緒に行くととてつもないとこばかりと後で気が付く(遅すぎる!!ww)www
f0233120_2348458.jpg

三日目にもなると足腰がガタガタ...その体で約一時間歩くと...見上げての到着ではなく目の前が
ぱっと広がった!素晴らしい眺望だ!登ったり下ったり...初日の展望台にも匹敵する距離だった!
手前の尾根に影が落ちたがそのせいでコントラストがつきすぎたが山尾根だけで凄い奥行がでた。
失敗かとも思うが水墨画とまでは言わずとも重なる尾根にトーンがついていい感じになったと思う。
山の上は下界と違って涼しい!トンボもたくさん飛んでいた。
この後は私のリクエストでどうしても行きたいところがある!...この足で行けるだろうか。w

# by DF501C571 | 2016-08-26 23:55 | 親父 | Comments(14)
2016年 08月 25日

2016年 SLやまぐち号 夏のHM3

夏の二反田

二日目は...よく「雨なら二反田」と、言っていたが暑くても訪れてみたくなる。
ここ二反田は撮影スタイルのバラエティではピカイチだと思うしみんなで撮っても同じに
ならない!腕の見せどころ?WWW
今回の目的の一つ、夏のHM狙い。初日から飛ばしすぎたので軽く整備がてら来てみた!
やはりこの暑さで車は一台だけ。
2016-8-12 9521レ 二反田トンネル
f0233120_2153737.jpg

夏らしい色の煙で登場!マークも夏色。
あとから何人か来られた。みなさん軽装で...藪に入ったり斜面を登ったりするのに...
伐採斜面へ向かったようだ(最近いろんなブログ等で伐採斜面の画像を見るからだろうか)
私たちは車からすぐの場所...いやでも時間はある。
俯瞰ポイントからの画像をよくするため整備をするつもりだったが手数と機材不足で断念。
でもいつもの画角じゃつまらない!Sくんと二人して上と下で...この暑さ、やはりバテ
てしまい時間もギリギリ...カメラを構えなくては!気になる枝をも伐る時間と体力が
もう無かった...汗
f0233120_21594045.jpg

お手軽なところでもひと工夫?すればこんな感じ~W
f0233120_2264971.jpg

結局今日も汗ビッショリでスタート!W
返しは...ここも久し振りに覗いてみたかった場所。
しかし、そこは折しも豪雨災害の爪痕そば。場所はあるのか?果たして行けるのか?
撮影の舞台となるところの築堤は大丈夫のようだが画面でセットになりいい味を出していた
田んぼは流されて今は荒地になっている。
ここへは開拓を含めて四回目?いつも道があるわけでなく適当に方向だけで登っていく。
不安はあったが今回は多少にも時間の余裕もあった。
記憶を辿って不安になりながらもたどり着けた...が。
元々、画角が狭く遊びができないところだったが殆ど誰も来なくなっているのか(知っている
人って何人いるのか...W)若い芽も伸びてもっと狭くなっていた!
2016-8-12 9522レ 神田サイド
f0233120_2219490.jpg

ほんとうはもう少しひいて手前に田んぼ上には青い空を入れたかったんだが...
ここは...下の田んぼが復活しないと手をいれる気にならないなぁ~W
f0233120_22204198.jpg

手前が使えないので立ち位置に制限ができてしまい左右の木々がフレームに入ってくる。

最近、新しいところ、昔のポイントの復活と色々と幅が拡がったのいいが...
やはりある程度誰かが行かないとルートどころか立ち位置までが埋まってしまって
また、元の木阿弥に...自然に還っていくようだ。
余計なルート整備は必要はない!歩いて踏み跡をつけるだけでいい...立ち位置から
見える邪魔な若木は早いうちに打つ。それだけで存続するはず...

しかし、自然の力は凄い!あれだけ沢山の鉄が流行りを取り込むように二反田の伐採
斜面に行かれているがかなり埋もれてきているようだ!立ち位置ばかり少々切り開いても
線路端、画面に入ってくる若木...伸びる早さが尋常ではないようだ。



# by DF501C571 | 2016-08-25 22:29 | 親父 | Comments(6)