ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 22日

2016年 SLやまぐち号 ラストラン①

彩り溢れる二反田

ラストラン前日は雨予報...だったら二反田だ!
今年の二反田はいい色づきだ!先週からの冷え込みでいいタイミングだったみたい。
2016-11-19 二反田上段
f0233120_2249456.jpg

なんとかもどきも二代目がいるのだがそんなよりこの山景色!
秋のHMも今日まで...雨も上がってこの明るさ!全てタイミング良し!WWW
f0233120_22511321.jpg

もっともっと昔のようにやまぐち号が見えるようになればいいなぁ~来シーズンだな!

# by DF501C571 | 2016-11-22 22:53 | 親子 | Comments(10)
2016年 11月 21日

2016年 晩秋の山口線

晩秋...田代に湧き立つ朝霧

2016-11-20 山口線 仁保~田代
f0233120_23131125.jpg


# by DF501C571 | 2016-11-21 23:13 | 親父 | Comments(10)
2016年 11月 16日

2016年 播但線淵俯瞰

淵俯瞰

七年越しの淵俯瞰...
181系の終焉時に訪れた播但線で気になっていた俯瞰場所
当時は俯瞰より線路端ばかりだった...
2016-11-12 播但線 生野~長谷 淵俯瞰
f0233120_21593385.jpg

先の場所で時間を費やすぎて初めて来たここでは時間切れになってしまった!
一時間早く着ていればなぁ~泣
f0233120_2205981.jpg

登りついたときは足元全部に陽が当たっていたんだけど...どんどん影が伸びて...
f0233120_2221814.jpg

完全に影ちゃった!また来なくては...汗
f0233120_223983.jpg

f0233120_2235570.jpg

やはり181系はまかぜの時に登っておくべきだったなぁ~WWW
あれから...ずっと山口通いだったもんなぁ~
キハ撮りにまた通ってみる?W

# by DF501C571 | 2016-11-16 22:05 | 親父 | Comments(4)
2016年 11月 13日

2016年 紅葉と播但線

紅葉輝く播但線

紅葉の時季は太陽の位置関係が難しいが順光ではなく斜光の美しい紅葉狙いで
播但線の車両を絡めて...
2016-11-12 播但線 長谷~生野
f0233120_2048220.jpg

f0233120_12363441.jpg

同色系でも存在感ある車両ですね!
竹田城跡号も柄がわからいが...このキハ40がいいですね!w
f0233120_20584345.jpg

f0233120_20564835.jpg

この時季は...午前の早い時間は陽が鉄橋まで届かない
川霧的な霧が出ていた
山間に響くDLサウンドがいいです!

その他の播但のここ走る列車達

# by DF501C571 | 2016-11-13 12:53 | 親父 | Comments(2)
2016年 11月 06日

2016年11月 播但線のキハ

紅葉始まる播但線

雲海朝焼けを撮影した後に足元走る播但線へ行ってきました。
今回は久々にてっちんも参加...楽しくのんびりと遊んできましたが
まだ紅葉真っ盛りには早かったかな...?
2016-11-3 播但線 長谷~生野
f0233120_132329100.jpg

のんびり畔で待つも晴れたり曇ったり...風が出たり川霧が出たりでドキドキ感
でカメラを覗いていました~w
取り合えずキハ40とキハ41をゲット!
f0233120_13244995.jpg

播但名物のキハ41も撮れたので場所移動することに。
長谷駅に車を走らせると有名ポイントエリアへ突入!
181系のはまかぜの終焉間近の時に訪れて以来かな...
f0233120_13281414.jpg

河原から上がってきたら踏切が鳴った!てっちんがラッピングが来る!と。
f0233120_13292294.jpg

少しこの淵集落をウロウロしてみる...また踏切が鳴って189系ウルトラマンが
やってきた!
f0233120_1333636.jpg

まっさんのお知り合いとここで会い暫し立ち話...有名場所ではやはり何人かの
鉄ファンがいる。
その後...当時から気になっていたお手軽俯瞰へ行くことにした。
同行の二人は...俯瞰と聞いて嫌そうな顔をした。周りの山は急峻な斜面ばかり。w
お手軽だからと強引に行くことに...ここは私も初めてなところ。
大体わかるので歩いて見に行ってみたところ直ぐに見つけることができた!w
下からも見えるしね!w
2016-11-03 播但線 長谷駅周辺
f0233120_13403329.jpg

視界は広いがちょっとした邪魔物が多くバリエーション撮りが難しい~w汗
どうしても色付き始めたところを絡めたくて縦位置ばかり...汗

景色もいいのでここでのんびりと時間を費やして色々と撮ることにした。
f0233120_13433184.jpg

f0233120_1344522.jpg
f0233120_13445727.jpg
f0233120_1345910.jpg
f0233120_13453098.jpg

f0233120_13485498.jpg

f0233120_1462745.jpg

f0233120_1464038.jpg


# by DF501C571 | 2016-11-06 13:53 | 親子 | Comments(10)
2016年 11月 05日

2016年 初秋の播但沿線地

播但沿線の竹田城と雲海

雲海で有名な竹田城へてっちんと雲海は大得意のまっさんと出かけました。
雲海は出ましたが量が少なかったとか...
f0233120_15194123.jpg

f0233120_15195911.jpg

寒くて...眠たくて...どこら辺を狙えばいいのか?w
ビギナーの私とてっちんはシャッターチャンスがいまいちわからず...ww
f0233120_15211266.jpg

f0233120_15212857.jpg

刻々と姿を変える風景...勉強不足でした。
f0233120_1525868.jpg

f0233120_15221487.jpg

f0233120_15222712.jpg

この後、朝食をとり播但線の撮影に行くことにしました~w

# by DF501C571 | 2016-11-05 15:18 | 親父 | Comments(2)
2016年 10月 23日

2016年10月 連休最終日

スーパー大引越へ

ここへも久しぶり...同行のs君とは開拓当時以来か...w
なんと抜けのいい日なんだろう!雲一つない絶好日和
2016-10-10 9521ㇾ スーパー大引越
f0233120_13122336.jpg

今日は実は結婚記念日なんだよね~www
こんな日にも山口に行かせてもらえて嫁さんには感謝だね~ww
と、線路端に目をやると...なんだよ!こんな好条件の日に線路際に誰かおるやん!怒
前日から三脚を置いていたそうな...ちょっとここはそんなルールは適用しないと思う
んだけどなぁ~怒
f0233120_1315951.jpg

この時代多少なりとも便利になったのでいないことになってもらいました!
f0233120_13155451.jpg

陽炎が出ているとはいえちょっと設定ミスだなぁ~てか、ピンが甘いなぁ~おかしい...

帰ってから忙しく更新が遅くなり最近の冷え込みで色づき始めているだろうこのあたりの
風景としては賞味期限が切れちゃったかなぁ~謝
ここも遠景を上手く取り入れるアングルにならないかなぁ~ww


# by DF501C571 | 2016-10-23 13:11 | 親父 | Comments(6)
2016年 10月 20日

2016年10月 二日目返し

白直俯瞰

そして返しは仲間二人と白井で合流し白井築堤を正面から望む場所へ向かう。
去年、アリスの壁へ素浪人さんと行ったのだがあそこも素晴らしい所だったが
ちょっと距離がある...もうちょっと近くから正面から狙えないかと。
2016-10-9 9522ㇾ 白直俯瞰
f0233120_2140778.jpg

寸前で曇ってしまったのが非情に残念だった!この時季ならでの斜光気味で築堤
が輝いていたんだけどね。
ありゃりゃ...設定が間に合わず酷い現像になってしまった!泣
紅葉の時にリベンジしてみたいが確か去年ラストランの一週前にアリスから狙
ったが左からの影が時間的にぎりぎりだったはず...
築堤がよく見えるようになったがその築堤が影に襲われてしまうはず...
ここもそういった条件では難しいポイントかもなぁ~
f0233120_2144447.jpg

また、アリスの壁同様に簡単に来れるところじゃないだけによくよく考えてから
チョイスしたいところですね。
で、下山してきたらもう薄暗くなってきていた!明日は久しぶりにスーパー大引越
に開拓したs君と行くことに決めている。
早く宿に帰って体調を整え休めたいなぁ~天気はどうなんだろうか。
ファーストカットに参加できて良かった!qさん、s君、&君長距離登坂楽しく
行けました!引っ張って行ってくれてありがとうございました!

また、最近俯瞰が流行って?いるようでネットで観て聴いてコンプリート目指す方が
いるようですが確かに体力さえあれば行けるところばかりですが、ただ迷ったり
するようなところも少なくはありません。
スマホのgpsがある時代とはいえ車のナビゲーションのように案内をしてくれる
わけではないのでくれぐれもよく考えて...どうしてもこのアングルが撮りたかった
んだ!と、思うところキチンと調べて行くようにしたいですね。

あと、ここは「白直」だそうです。「アリスの迷路右壁」とならんで登坂距離は
かなりあるところです。最近、〇〇何度と言うところがあるようだがなんだか覚えに
くいし無機質すぎるようで...キロポストなどから数字を連想するならいいかと
思うが...w

# by DF501C571 | 2016-10-20 21:59 | 親父 | Comments(12)
2016年 10月 16日

2016年10月 連休二日目

田代直線正面俯瞰

田代直線といっても二反田界隈と同じくバリエーション多く立ち位置が沢山
ある撮影場所だ。どこが定番?全部?W
昨日は地べたの定番?だったので今日は俯瞰では下段と呼ばれているお手軽
な俯瞰場所へ。
2016-10-9 9521ㇾ 田代直線俯瞰下段
f0233120_18315424.jpg

今日は風が強いと予報...最近の天気予報はよく当たる!
暴れる前に何とか抑えるが後は暴れるとか流れるとかではなく無茶苦茶な状態になって
登ってきた!泣
引いた画は特別な色の山になっているわけではなかったのでほぼアップ気味のカットに
設定していて正解か?W
いつもより暴れるポイントが早い!泣
f0233120_18354723.jpg

昨日よかった飛び出しも撮っておく。
f0233120_1836391.jpg

この日は昨日と違ってここへ来られているのは数人か...もちろん俯瞰は私ら
二人だけ...スーパーに居るかどうかはわからないけどね~W
待ち時間はS君と二人馬鹿な事大きな声でワイワイと騒いでました!
人気が少なくいい待ち時間を過ごせました!W
...実はこの後、片道三時間のポイントへ連れて行ってもらうことなっているので
無理をしなかったということもあったのでした!WWW

*現像で無理をして黒が汚いが...なんでここまでC571を黒にするのかね~怒
「やまぐち号」は現役時代の蒸気機関車とは違う特別なんだからその当時を忍んで
リスペクトしてあまりまっくろくろすけにはしてほしくないですなぁ~怒



# by DF501C571 | 2016-10-16 18:44 | 親父 | Comments(6)
2016年 10月 13日

2016年10月連休初日 篠直俯瞰

霧雨

雨が細降るなか俯瞰に向かう...これを仲間内では俯瞰の博打と呼んでいる。
撮りたくても、狙ってもなかなか思うように撮れない画があるが今日の一枚はその類いだろう。
2016-10-8 9522レ 篠直俯瞰(QT俯瞰)
f0233120_22593846.jpg

朝から15時頃まで作業に没頭しドロドロくたくたになった状態で9522を撮るために一番近い
篠目に向かった。
一緒にいたSくんに「博打で登る?」と聞いたら「行ってみよう!」と即答。
後から来た数人と霧が立ち込める山にわけ行った。
到着...見事に真っ白!どこに線路があるやら...同行の仲間にある程度の方向を伝える。
通過まで30分、一瞬線路が見えた!その時にピントを合わせたがその後は全く見えない!
そのうち追っかけの車のライトが見えた!画角のチェックのみピンがきているのか露出が適正
なのかなんて全くわからない...一昨年の大引越の二の舞になるのか...
発車の汽笛が聞こえるが全くガスが晴れない...風がないのがいいのだが視界がなければ
意味がない...集中しているとそんな中C57のヘッドライトが見えてきた!ライトだけだ~泣
しかし、女神は少し微笑んでくれました!集中して覗いてレリーズしているとだんだんと見える
ようになってきた!妄想か?いやいや違う少しガスが掃けていたのだ。
ほんの数秒の勝負でした!これはなかなか撮れない画がゲットできました!一緒に登った
6人の誰が運を持っていたんでしょうね!
その時のことは↓の動画でご覧下さい。

個人的には素晴らしい画が撮れたと喜んでいますがこんな天気で俯瞰はダメ!どピーカンなの
に逆光になるポイントはダメとか...綺麗な順光だけが美しい画ではないので想像力を発揮して
いろんなコンデションで色んな場面に対峙しないと狙っていない偶然にも出会えない。
創造力を楽しむチャンスでもある自然界、これからも色々狙ってみたいですね。

いつも誰でもそこにさえ立てば出会える風景と言っていますが...
ただ、コンデションの悪い場所、また暗くなるのが早くなるこの時期には一人での行動は危険が
つきます。
また山に入るならできるだけ複数人で行動することをお勧めします。
何があるかわかりませんからね。そして地元の方に迷惑がかからないよう、車の止め方等にも
十分注意を払って撮影しましょう。



# by DF501C571 | 2016-10-13 23:23 | 親父 | Comments(14)