ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

タグ:サロンカー ( 3 ) タグの人気記事


2017年 05月 21日

2017年5月 サロンカー土佐路号②

大歩危駅

本線で単線の駅
貨物列車や普通列車の交換追い抜きの為の退避等...
当時の面影がくっきり残る名駅大歩危駅
機関車が牽く列車が走ること自体稀有な今、三線に列車が並んだ。
2017-5-14 土讃線 大歩危駅 9304ㇾ
f0233120_1714569.jpg

単線故、直ぐにダイヤが乱れる...単列車には大きすぎるが今でも昔のままだ。
発車の汽笛も懐かしいなぁ~
f0233120_17113728.jpg

多少、木々が邪魔をするが天井ばかりの下り列車の画像と違って
しっかりサロンカーカラーがわかり土讃線らしい渓谷を絡めての
一枚となった。
f0233120_17154421.jpg

汽笛とジョイント音が心地よく山々に響いていた。



by DF501C571 | 2017-05-21 17:19 | 特別列車 | Comments(2)
2017年 05月 16日

2017年5月 サロンカー土佐路号①

サロンカー、新緑の土佐路走る

紅葉より短命の新緑の時季、土佐路を紅い凸がサロンカー携えて
やってきました!
2017-5-13 土讃線 9203ㇾ 土佐穴内~大杉
f0233120_21442427.jpg

未明まで雨が降りこの辺り特有の霧が立ち上っていましたが天気予報通り昼からは
太陽も顔を出してバリ順となり新緑が眩しかった!
f0233120_21464342.jpg

午前中のうす曇りの方が遠景の山は色が美しかったけどこの回復天気...贅沢で
す!w
f0233120_2149385.jpg

二週間前に下見に来たときはもう少し線路に被っている枝が少しだったのに...
まぁ、仕方がないかな...どうしても歩危峡谷を大きく取り入れたかったので
このアングルで大満足!
前日に直接この場所に、通過まで約10時間待ち?www
ここを通る地元のおじさんとは昔の撮影場所とか教えてもらいながらいろいろと
話して頂き長い時間もあっという間に。
沢山集まるかと思ったけど...昼までにここに来られたのは関西のお方お一人。
地元話でわいわいと。
そのあと、名古屋から学生さんがお一人で。
息子と思うほどでいらぬお節介など焼いて楽しく過ごすことができました。
そのあとは...追っかけの方が数人...なかには見覚えのある方もwww
現地でご一緒いただいた皆さん、お付き合いありがとうございました。



by DF501C571 | 2017-05-16 21:59 | 特別列車 | Comments(6)
2017年 04月 12日

2017年4月 サロンカーくろしお

赤いDD51に青いくろしお号のHM

昨日より天気は好転することを期待してポイント近くの漁港の隅に
車を止め暫し地元の方と話をする。
二時間ほど?のんびりとした時間が流れる。相変わらずすっきりしない
天気だが今日も俯瞰することにした。
2017-4-9 9114ㇾ サロンカーくろしお 玉之浦湾
f0233120_21215689.jpg

少し前までは陽射しも出る時があったんだけど曇っちゃったね~
遠くから見えるので順に狙ってみる、トワイライト編成と違ってちょっと
短いなぁ~
f0233120_21253072.jpg

f0233120_21255223.jpg

友達は木の上から狙っている!W
最後のカーブまで狙っていたのだ!凄いシャッター音!W
ここも晴れないと冴えない...再び客ㇾがこの区間を走ってくれればまた
狙いに来たい。
f0233120_213075.jpg

撮影後、友達は広島まで戻らなければならないのでゆっくり走る列車を
追い回さず帰宅するとのことで、現地集合、現地解散となる。

私は、てっちんから古座の鉄橋まで列車に乗って撮りに来ているから帰りに
載せて帰ってほしい連絡が入っていたので彼の出発数分後に車を発車させる。
古座駅で息子をピックアップして国道を串本方面へ走ると間もなくサロンカー
の姿が見えた!
どこかで撮れるなら撮ってみることにした。
二発目は串本の先...数人の鉄らしき姿があった!てっちんにカメラを
持たせて走らせるがぎりぎりだった。当然私は間に合わない。
また、普通に車を流れに任せて走らせると足の遅いくろしお号を追い抜いた。
駅で停車しているのを確認したので早速その先で撮れそうなところで構える。
ここはどこ?WWW
一応、今流行りの桜もある!
f0233120_21384448.jpg

f0233120_21391669.jpg

結構な勾配の直線だ!SLなら何とか直とでもいうのだろうか?W
これでお終い!バイパス、高速と乗り継いで帰阪した。

by DF501C571 | 2017-04-12 21:40 | 親父 | Comments(0)