ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山口線 ( 36 ) タグの人気記事


2016年 12月 29日

山口線 二反田再整備

山肌と煙が見えるだけだった...

ここ十数年の二反田は視界が悪く鬱蒼としていた。
定番と言われる下段、中段俯瞰など風景としては見れるがやまぐち号が走ると煙
は見えるが木々の切れ目に煙が上がるだけになり雨降り時などあえいで上がって
くる罐を撮るには少し難しくなってきていた。
しかし、数年前から少しずつ草刈りや細かい木々の除去。ようやく昔のように姿
が見えるようになってきた!
カーブでの一番いいところでは罐に木の枝がかかり邪魔をしていたり、車両サイド
を隠していたイン側の木々もなくなり信号ケーブルが目を見えるほどにまで戻って
きている。
スーパーが好きなので今回はスーパーおき号をアップしよう!w
2016-12-23 仁保~篠目 二反田中段
f0233120_10271698.jpg

トンネル出たところののり面から出ていた沢山の小枝群もさっぱり除去しているのが
わかる。
そのため現在、定番になりつつあったトンネル飛び出しカットには非常に見通しが
良くなっている。
しかし、除去はそこだけではなく全体に除去されつつあるのでそこでカメラを構えると
後組、俯瞰組からは丸見えとなり撮影するには譲り合いがないと難しくもなってきた。

最近、線路端で撮るのが好きな方々が定番ばかりでは飽きてきたのか突拍子もない
場所に三脚を構える方が増えてきたと聞く。
ここもそんなことになるのか...前に出るのが悪いわけだはないと思うが季節など
を考慮し同じ趣味を持つ者同士なので理解しあえればいいと思うが...
ポイント探しもしたいけど基本、邪魔になっている線路端の草や木々を少しずつ
除去しないと話にならない。
行脚に行った際、少しずつ...w 昔のように撮れるいい場所が復活すればいいの
になぁ~と、思う。

by DF501C571 | 2016-12-29 10:43 | 親子 | Comments(6)
2016年 11月 21日

2016年 晩秋の山口線

晩秋...田代に湧き立つ朝霧

2016-11-20 山口線 仁保~田代
f0233120_23131125.jpg


by DF501C571 | 2016-11-21 23:13 | 親父 | Comments(10)
2016年 07月 22日

2016年 キヤ143

キヤ143、季節外れの珍客現る

連休行脚のお供のS君と会うや否や赤ザリが走ると…
赤ザリ?兎に角珍しいらしい…珍しかった!
一生、走っている除雪車を見ることがないだろうと思っていたが…雪はなくとも
本物のラッセル車だ!ヘッドも前後に装着している!

2016-7-16 回9581D 船平山~津和野
f0233120_22593567.jpg

災害後大きく変わった白井だがこの角度とトンネルなら白井とわかるかな?
f0233120_2313139.jpg

昔はここに枕木の橋があったんだよなぁ~
あちゃ~いいところに影が伸びてる…

9522ㇾと徳佐で交換してやってきた珍客。追いかけてみることにした!
せめて雪とはならずとも今の季節の緑の中の赤ザリを捕獲しに…
f0233120_2351716.jpg

ここまで走ってきたのは初めて、S君の誘導もあり緑一面での順光で狙えるポイントを
見つけた!迷わず車を止める。
知らぬうちに何台か鉄がついて来ていた!WWW
これは顔もいい面構えだがやっぱりサイドを撮らないとね!

by DF501C571 | 2016-07-22 23:10 | 親父 | Comments(2)
2016年 05月 21日

2016年ゴールデンウィーク後半

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by DF501C571 | 2016-05-21 21:20 | 親父
2016年 05月 20日

2016年ゴールデンウィーク中日

篠直俯瞰…QT俯瞰(仮称)オープン

連休も前半が終了、このやまぐち号の運転のない中日も予定がある。
平日休みが取れない私にとってこの中日は貴重である。
地元鉄には年に60回以上撮影に来るという方もいる。(数打ちゃ当たるのかね?w)
何をするのか?当然撮影場所の調査発見です!
自宅の机上であれやこれやと調べつくしてこの日を迎えた。この調査に心強い方が
付き合ってくれる。
きゅーさんだ!初日からここ某コンビニの駐車場でマルヨしていて待ち合わせ場所も
ここで。
連日の朝焼けシーン今日もいい天気になりそうだ!
f0233120_22353276.jpg

愛宕山から朝日が昇り暫くするときゅーさん登場。
連休中はご家族との約束があり多忙のなか、この日の為に時間を割いてくれた!
今日の予定は勿論伝えているし、下調べの情報も共有している。
先ずはきゅーさんリクエストのホワイトバレーへ行くことに、機材がないのでサクッ
と登頂。
順光で見るここからの風景も素晴らし!この光で撮ってみたいもんだ。
一息いれて本日の目的、篠直を俯瞰するところがないか?見えないか?という
調査だ!以前は撮れる場所があったらしいがそこ頃は線路端の杉がまだまだ低い
時代のこと、今でも撮れるところがないだろうか?
GPSは使ったがあとは国土地理院の地図と…二人の勘。
尾根を歩き狙うポイントに向かうが…鬱蒼としていてポイントらしき場所が判らな
い…でも、勘は冴えている!昔に切られたと思われる切り口が黒くなった木々が
ある所を見つける。しかし、ここからは全く見えない!でもこのあたりなのだろう。
少し遠景がチラチラ見えるところに行ってみるが…よく判らない~汗
伝家の宝刀?w
木に登ってみることにした…すると…見えた!見えた!ここならいけそう!
場所は決まった!一休みして整備して撮れるようにする。でも、ホワイトバレー
と見える量は同じかな?www角度は違うんだけど…。
f0233120_22511141.jpg

(回転がうまくいかないので横向きです)
篠直定番から見ていると姿が見えて最初に光が当たって煙が暴れるところ…ここなら
杉の木が少し抜けているのでその部分が見えないかと。
うまくそこが見えているのだけどやはり手前の尾根と杉が立ちはだかって少ししか
見えない…
f0233120_230060.jpg

これでも角度も違うしこれ以上良く見える篠直俯瞰は今のところない…もう、
今の杉の状態ではこれが限界かな?
撮れることを確認して下山する。本日はお疲れさま!本番は明日以降にと、約束。
本日の目的を達成することができ取りあえず満足!!
仮称でQT俯瞰とすることに...今後の整備で篠直俯瞰になればいいなぁ~と。
Qさんありがとうございました!

by DF501C571 | 2016-05-20 23:05 | 親父 | Comments(6)
2015年 08月 16日

2015年8月14日 SLやまぐち号

残暑お見舞い申し上げます

酷暑といわれる今年のお盆。
三年振りにやまぐち号が津和野まで走りました!
2015-8-14 山口線 木戸山S 9521レ
f0233120_1156241.jpg




by DF501C571 | 2015-08-16 11:56 | 親父 | Comments(8)
2014年 11月 25日

2014年 SLやまぐち号 ラストラン①

数十年ぶりに見た津和野の雲海

ラストランにようやく山口線に出かけることができた!
今回は仁保には寄らず早朝から津和野へ向かい和みの駐車場で仮眠を取ってからの行動となった。
早朝から濃霧...これはひょっとして!と、同伴のadさんと旧道俯瞰ポイントに行ってみた!

登ったときはあたり一面の真っ白だったんだけど、時間が経つと共に津和野城址が姿を現しはじめ
紅みを帯びだした!
f0233120_21425148.jpg

そして東には...赤鳥居まで見えてきました!
学生の時、津和野のユースホステルに泊まった時を思い出した...懐かしいなぁ~五右衛門風呂もあった
なぁ~w
f0233120_21465097.jpg

幸先いいなぁ~と、思っていたら念願のローソク岩での紅葉ショットはまたもマンダラ雲にやられました!w
f0233120_21475599.jpg


by DF501C571 | 2014-11-25 21:49 | 親父 | Comments(8)
2013年 11月 06日

山口線 島根県側の被災レポート

高峰、牧ヶ野、白井の現状…
         9522レ有名撮影地も…


*いち鉄道ファンが個人的に見て思ったことを書き綴っていますがお許し下さい。また、携帯で撮影して
いますので若干粗い写真もありますがご容赦ください。

SLがんばろう「山口、津和野」号が区間運転されると聞き撮影は勿論ですが山口方面に行く機会が出来た
ので気になっていた白井地区方面にも足を運んで見ることにした。
白井の里と呼ばれる場所はレールがめくれ上がっている写真をよく目にして有名だが全体的にはよく分から
かったが行って自分の目で見てみると…トンネルも土砂で埋まっているようだ!
f0233120_22331169.jpg

このカットはよく見た場所からだが…これで非常さがわかるだろう。
SL茶屋から見るとこのように更地寸前です。
f0233120_22361294.jpg

下には降りれなかったので…左に見えるがワンちゃんがいたMさん達の住居です。
f0233120_22362249.jpg

かなり退いて見た感じだがわかりますよね?簡易駐車場すらありません、お墓も流されているようです。
f0233120_22381753.jpg

これはあの枕木でできた橋に腰掛けて撮ったやまぐち号です。
それが今は…
f0233120_22392388.jpg

f0233120_22394573.jpg

これで白井地区の酷さが伝わっただろうか…しかしここだけではないのです。
津和野からここへ来るまでのレポートもアップします。

三日の9521レ撮影後直ぐに津和野へと向かった。駅前ではバスで訪れる観光客の為に神楽の舞など
が披露されて歓迎をしていた。
その中に白井でお世話になっているmさんの姿を見つけることができ声をかけさせてもらってきた。まだ
まだ大変だがSLのように一歩ずつ前に進むしかない!と、元気な姿でした。
でも、街中は天気も雨ということもあってかなり静かであった。…初めて津和野銘菓源氏巻を買った。w

車を白井方面へと走らせる津和野川が氾濫したと思える景色が見え始める。…
先ず目に飛び込んできたのはニュースでも目にしたローソク岩の下の道だ!第二神田トンネルへの
ルートでもあるが…ここも酷い!
f0233120_22513198.jpg

f0233120_22514598.jpg

ここの右手上に第二神田トンネルがある。やっぱりここにあった一軒家は崩壊していたんだ…
f0233120_22522036.jpg

この右手上がローソク岩へのルートになるあたりになります。
第二神田トンネル俯瞰から見た以前のこの辺は…あんな細い川が氾濫
f0233120_22544729.jpg

つぎに…第二神田と第一神田トンネル間は
f0233120_22563722.jpg

ぶれた写真ですが築堤と田んぼへの橋は無事のようですが下の田んぼは壊滅です。
f0233120_22572995.jpg

ここは反対側(旧道側)の斜面が崩れていた。美味しい湧き水があったところです。
f0233120_22582316.jpg

元の姿はこの崩れた山斜面から見下ろした写真です。
f0233120_22591486.jpg

その先へ…牧ヶ野カーブ…ちょっとした駐車スペースがあるところですが…よくここで弁当を食べたなぁ~
そこから築堤へ目をやると…
f0233120_23234.jpg

通称57カーブ俯瞰の築堤だがこのあたりの山はかなり土石流が発生していた。
ここにあった二本の杉がなぎ倒されている!かなり線路に土砂が崩れているに違いない。
f0233120_2344018.jpg

その57カーブと呼ばれていたポイントから築堤を見てみると…
f0233120_2352652.jpg

また少し登っていくと牧ヶ野地区に…道路と線路築堤との間にあった田畑は壊滅状態、ただゴロゴロした
岩と川があるのが判る。田んぼに渡る橋も流されている。
f0233120_2384480.jpg

以前どうだったのか?…思い出せない…こんなところまで大きな流木が散乱していました。
f0233120_239432.jpg

そしてここが高峰トンネルへと入っていく牧ヶ野ミニZの下です。少し路側帯が広いところですね。
f0233120_23101068.jpg

紫陽花の群生も勿論流されてありません。
そこから上手を見てみると…
f0233120_23114222.jpg

ここは白井築堤サイドになるところです。民家裏の斜面からお手軽に築堤が狙えたポイントあたりです。
f0233120_23115566.jpg

f0233120_23153728.jpg

ここから被災前最後に撮影させてもらった場所です。家主のiさんはお元気で無事とのこと。
f0233120_23315372.jpg

f0233120_231583.jpg

もうこの美しい里山は元には戻らないのだろうか…
f0233120_23172013.jpg

竹藪辺りもかなり斜面が崩れていた…山にすら入るのが危険な状態でもあった。
f0233120_23183882.jpg

と、あとは白井の現場に到着したのだが…息子と二人…あまりの悲惨さに言葉…会話もなく「え~!」
の連発でした。

これで個人的勝手なレポートは終わりですが訪れて見て私に出来ることは祈ることばかり…

地元の方の生活は電気、水道、ガス…道路となんとかやっていけてると聞きました。
しかし地域の足の鉄道はまだまだどころか全くの手付かず、ほんとどうなるのだろうか…
今月半ばからJRも入っての復旧が始まると聞きました。昔の姿どころかとにかく鉄路が復活するの
祈るばかりでした。

*偏ったレポートかもしれませんが見たままに思ったままにアップしました。

by DF501C571 | 2013-11-06 23:27 | 親子 | Comments(6)
2013年 10月 26日

SLやまぐち号 期間、区間限定運転

限定運転決定!

JR西日本からビックリニュース
限定付きとは言え山口線にSLが走る…全線復旧とはいかないが現地に行く機会ができたのでその日に
3ヶ月ぶりに山口に行ってみようかと思う…。

編成はC56160号にDD51が補機?に入ってフル編成とのこと。2010年のスタートがその編成だった。
f0233120_10422444.jpg

この時以来ここでは撮影していない…が、重連の時と違って迫力あるポニーがそこにいた!
f0233120_104323100.jpg

正面ドカンなら凸は見えない!
f0233120_10434512.jpg

峠道でも…
f0233120_10443335.jpg

もうここは…泣
f0233120_1045485.jpg

f0233120_10452088.jpg

この年のスタートはc56+dd51ということであまり人気がなかったようでした。
当時小学2年生のてっちんを連れていてもメジャーなポイントでもゆっくり撮影できた。
大好きな機関士さんともよく写真を撮ってもらっていた。
f0233120_1047753.jpg

よく見たらかなり幼い、こんなのが三脚担いで白井uやらzに登ってきたら私でもびっくりするなぁ~w
…今年は小学6年、小学生ではもう山口ではSLに出会えないと思っていたが…。

当時のビデオカメラはフィルムカメラで画像が荒いですがおまけで抑えていました。


by DF501C571 | 2013-10-26 10:49 | 親父 | Comments(8)
2013年 05月 06日

2013年5月

ゴールデンウィークの山口線

連休スタート…前半はまだSLやまぐち号は走らない。
以前から撮りたいと思っていた津和野駅の一つ先にある青野山駅。
この時期のここは白、ピンク、そして赤色のツツジが咲き誇る、その上を数十匹の鯉のぼりが泳いでいる
また、田んぼに水が丁度入る頃と重なるので是非三点セットでキハを撮りたくてアングルを探しました。
2013-5-2 青野山駅
f0233120_14584355.jpg

早朝は霧がかかっていて太陽がようやく顔を出した頃…
f0233120_145419.jpg

霧は晴れたのですが…相変わらずの撃沈雲が現れてなかなか思うような光線になりません
f0233120_14541755.jpg

もう少し水の量が欲しいなぁ~結構電線も邪魔になります…泣
f0233120_14542393.jpg

そうそう、茶畑もあるのだ!!列車が来る!時間がない!アングルが決まらない~カメラを持ってあちこちと
走り回る…
早朝から何本か列車が来る…霧が段々と晴れてくる。
f0233120_2311868.jpg

霧が晴れて陽が差しいい感じかと思えば今度は津和野地方独特?の雲にやられます~
奥の鯉のぼりが飛んじゃいました…汗
f0233120_2334424.jpg

この時間になって目が覚めて車から降りてきた哲ちんは…草花や蛙と遊んで撮影は2カットだけ?w
f0233120_235584.jpg

f0233120_2352861.jpg

*写真は時系列に並んでいません。

by DF501C571 | 2013-05-06 14:52 | 親子 | Comments(10)