タグ:第二神田サイド ( 4 ) タグの人気記事


2016年 08月 25日

2016年 SLやまぐち号 夏のHM3

夏の二反田

二日目は...よく「雨なら二反田」と、言っていたが暑くても訪れてみたくなる。
ここ二反田は撮影スタイルのバラエティではピカイチだと思うしみんなで撮っても同じに
ならない!腕の見せどころ?WWW
今回の目的の一つ、夏のHM狙い。初日から飛ばしすぎたので軽く整備がてら来てみた!
やはりこの暑さで車は一台だけ。
2016-8-12 9521レ 二反田トンネル
f0233120_2153737.jpg

夏らしい色の煙で登場!マークも夏色。
あとから何人か来られた。みなさん軽装で...藪に入ったり斜面を登ったりするのに...
伐採斜面へ向かったようだ(最近いろんなブログ等で伐採斜面の画像を見るからだろうか)
私たちは車からすぐの場所...いやでも時間はある。
俯瞰ポイントからの画像をよくするため整備をするつもりだったが手数と機材不足で断念。
でもいつもの画角じゃつまらない!Sくんと二人して上と下で...この暑さ、やはりバテ
てしまい時間もギリギリ...カメラを構えなくては!気になる枝をも伐る時間と体力が
もう無かった...汗
f0233120_21594045.jpg

お手軽なところでもひと工夫?すればこんな感じ~W
f0233120_2264971.jpg

結局今日も汗ビッショリでスタート!W
返しは...ここも久し振りに覗いてみたかった場所。
しかし、そこは折しも豪雨災害の爪痕そば。場所はあるのか?果たして行けるのか?
撮影の舞台となるところの築堤は大丈夫のようだが画面でセットになりいい味を出していた
田んぼは流されて今は荒地になっている。
ここへは開拓を含めて四回目?いつも道があるわけでなく適当に方向だけで登っていく。
不安はあったが今回は多少にも時間の余裕もあった。
記憶を辿って不安になりながらもたどり着けた...が。
元々、画角が狭く遊びができないところだったが殆ど誰も来なくなっているのか(知っている
人って何人いるのか...W)若い芽も伸びてもっと狭くなっていた!
2016-8-12 9522レ 神田サイド
f0233120_2219490.jpg

ほんとうはもう少しひいて手前に田んぼ上には青い空を入れたかったんだが...
ここは...下の田んぼが復活しないと手をいれる気にならないなぁ~W
f0233120_22204198.jpg

手前が使えないので立ち位置に制限ができてしまい左右の木々がフレームに入ってくる。

最近、新しいところ、昔のポイントの復活と色々と幅が拡がったのいいが...
やはりある程度誰かが行かないとルートどころか立ち位置までが埋まってしまって
また、元の木阿弥に...自然に還っていくようだ。
余計なルート整備は必要はない!歩いて踏み跡をつけるだけでいい...立ち位置から
見える邪魔な若木は早いうちに打つ。それだけで存続するはず...

しかし、自然の力は凄い!あれだけ沢山の鉄が流行りを取り込むように二反田の伐採
斜面に行かれているがかなり埋もれてきているようだ!立ち位置ばかり少々切り開いても
線路端、画面に入ってくる若木...伸びる早さが尋常ではないようだ。



by DF501C571 | 2016-08-25 22:29 | 親父 | Comments(6)
2012年 10月 15日

2012年 SLやまぐち号 重連⑤

煙はいい色、山の色彩はまだまだ…

夜半に大阪を出て明朝にいつもの場所に到着。暫く仮眠し寒くて目が覚めた。
f0233120_20533782.jpg

*携帯で撮影
綺麗な朝焼けだ…今日は晴れの一日になりそうだ。

またここへ来てみた…初めての晴れ。
この気象条件は初めて。どうなんだろう?
この日の朝は身が引き締まるほどの寒さだった。このまま低温度だったらなぁ~
朝からお日様も出ていい感じだったのに11時を過ぎた頃から曇りだした。晴れ男では無い私…雨は降らない
男の力で…仁保駅を出る頃は鈍曇り、右奥に仁保駅あたりが見える。
コントラストのない画ですが微か彼方に二条の蒸気柱が見えます、肉眼では解りませんが罐も見えている
はず…間もなく発車です。晴れてくれ~!太陽出てくれよ!!
f0233120_20304175.jpg

*携帯で撮影
発車の合図が聞こえて5~6分が経った。ほらほら~二反田トンネルを入る頃から晴れてきた~どうだ!w
風もないしグッドコンデションです。
2012-10-13 9521レ スーパー大引越
f0233120_2301889.jpg

いい色、いい形の煙です。
ん?また、二つの目玉を逃した~泣w
次は来月、色付き始まっていることの祈ってまた登って来よう。

返しは?そうだ今回は神戸のmさんと二人だけ。ここは撮ったことがないとのことでサクサクと登って見るこ
とにした。そう、サクサクの予定。
しかし、道がないため方向だけで登り始めたのだが方向を見失ってしまいmさんには大変心配をかけてし
まった。ごめんなさいね。
到着したのは15:10pm急いでセッティング。ここはレンズワークが発揮できない(てか、腕がないだけです)
息が落ち着くまもなく汽笛が聞こえてきた。
ここでも風はない、しかし、陽が隠れてしまった…晴れていれば順光になるポイントなのになぁ~
いい色、量、形の煙に…もっと上がってくれたらいいんだけど。
でも二つの目玉は勿論ゲットできました。
2012-10-13 9522レ 神田サイド俯瞰
f0233120_2310591.jpg

f0233120_23111336.jpg

ここも紅葉が始まり晴れればいいポイントになります…なるはず。
今日はここで終了、ゆっくり撤収。mさんには平謝りでの下山。
すると下に車が二台?だれ?…そうですタブレットさんが来られてました。
時間が取れない~と嘆いていたのになんとか時間が取れたとかで私達にわざわざ会いに来てくれた。
久々の対面です。積もる話も撮影後ということで盛り上がり…明日、とあるポイントに連れて行ってもらう
仮約束をして別れた。
今夜は小煙会だぁ~久々にADさんも参加です。www
ホテルではミク仲のzさん月の中さんと会う約束。山口インターそばのアルファーワンh。今夜は鉄が集結
していたようで駐車場では九州のとちさんとぽんちく君とばったり!!
やはり重連運転日はお祭りです。www楽しい一日は重連のようにサッサと過ぎてい来ました。
明日はどうするか…SL茶屋に行きたいしなぁ~俯瞰も決めたいしな~………
ボロボロになった身体を癒すにはお風呂は最高!!ちょっと到着も遅かったのでZさん、月の中さんとは
お風呂もご飯もご一緒できずでした…。
大浴場にいくと…とちさんがいらっしていたのでしばし自己紹介トークに。ぽんちく君はどうしたのだろう?
…ハチが大嫌いとのことそれがなけりゃ俯瞰に誘うのですが…。
さてさて明日はどうするか…お天気は今日よりは曇りが多いとか…。



by DF501C571 | 2012-10-15 23:20 | 親父 | Comments(15)
2012年 07月 10日

2012年7月 梅雨の晴れ間のやまぐち号 二日目

梅雨は空けたのか?なんて思うほどの天気
昨夜はボロ雑巾のように寝落ちしてしまった…目が覚めたら体…腰は痛いし足のあちこちが
筋肉痛を発症していた!!www
九州代表のタブレットさんが登頂を目指すと聞いていたが…やはり二日連ちゃんはきつい。
また今日は9522レでkさんと久々にご一緒する約束がある。でも俯瞰ができない状態らしい
ので線路端でと…。
ちょうどいいや!今回は息子の哲ちんがいないので帰りは一人での運転だし、体力温存でと
往復線路端でと決めた。
今日もご一緒するnさんに連絡を入れて行動を開始した。
雨じゃ無いけどここへ…www、サウンドがいいんだよね~ここら界隈は…
2012-7-8 9521レ 二反田
f0233120_22243392.jpg

左上に花が咲いていたんだけど…中途半端なんでグッと寄ってみた。

さて返しは?そうそう午前中にkさんから、仕事の折り合いがつかず9522レは参加できない
と電話連絡が…牧ヶ野辺りのアジサイを絡めてと思っていたけど、だったら9521レでタブさん
とご一緒できなかったこともあったのでタブさんが予定していた俯瞰に参加することに変更した。
場所は?タブさんリクエストの神田サイドへ、私も前回のリベンジもあったので丁度いい。
いざポイントへ早弁して向かうことにした。
な~んか左の枯れ松も…57俯瞰みたい?c571がこのままカーブしてくれば…www
2012-7-8 9522レ 神田サイド
f0233120_22315144.jpg

ここも秋に来れば順光だからお天気も気にしなくていいし紅葉が待ち遠し…でも、今年の
やまぐち号の営業は
f0233120_2241122.jpg
はやくに終わるとか…紅葉間に合うかな?

哲ちんのカメラが余っていたので遊んでみたが…腕もないし四台も扱ったらダメですね~www
リング回すまで余裕がなかった~ピントリング回すのが精いっぱいでした…撃沈
f0233120_22435815.jpg


お口直しに動画を…こちら↓


by DF501C571 | 2012-07-10 22:44 | 親父 | Comments(12)
2012年 06月 11日

2012年6月 梅雨?空梅雨?のやまぐち号

梅雨入りしたとニュースを聞きながらも今降っている雨も回復するかと予想し山口遠征を
延期せず強行することにしました。
しかし、現地入り後もシトシトと降る雨。俯瞰には無理と判断し、「雨なら二反田へ」と。
正解?二反田到着後もシトシト降るも空は明るく露出はありそうだ。湿度もたっぷりとある
ので蒸気か白煙の期待が高まる。
結果…鉄路には雨露があるとことないとこがありやまぐち号はトンネルを出てから姿が
見えるまで三回も空転を繰り返しゆっくりと登ってきました。
止まるかと思いましたが姿が見えてからはしっかりと登ってきました。風も止んで珍しく真っ
すぐ煙も立ち上がりポンポンといい感じでしたが少~し物足りませんでした…w

まだまだ新緑感のある二反田界隈、上まで登らず途中で振り返ったら同行の仲間が
この高さいいやん!!の鶴の一声でここにカメラを構えることになりました。
ケーブルが埋設されればもっとポイントはみつかりそうな二反田でした。
2012-06-09 9521レ 二反田Sカーブ奥
f0233120_21275011.jpg

f0233120_2128445.jpg

哲ちんは…これだけ広いフィールドなのにおんなじような狙い…w
f0233120_21285486.jpg

返しはと…俯瞰したい気持ちまんまんの今日だった。津和野界隈は晴れたり曇ったり…。
足場が悪いだろうからあまりタイトでないとこに登ろうかと。
最近気になっていた神田辺りに行くことにした。
ポイント到着が通過まであとわずか。足場が悪いと言うよりガレだらけでズルズル。
手前の枝、葉なんてよける間もなく貴婦人はやってきました。おまけにガスが出てきて
締りのない一枚になってしまいました。WW
白煙で9521レよりいい感じだったのになぁ~リベンジだなぁ~天気が悪かったので
サッサと行動しなかったのが失敗??やはり俯瞰には余裕が必要ですね!
2012-06-09 9522レ 神田サイド俯瞰
f0233120_21382811.jpg


by DF501C571 | 2012-06-11 21:42 | 親子 | Comments(4)