人気ブログランキング |

ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 08日

2019年 播但線沿線の田植え時季

渕地区の水入れ早かった!

桜の撮影時に、珍しく早くも荒起こしをされていると思っていたら...
案の定...他ブログでもう田植えが終わっていると知った!
2019-5-25 播但線 生野~長谷 渕地区
f0233120_20493495.jpg

綺麗に鏡にならなかったけど...天気が良かったのでよし!
今年はあちこちで田植えとその準備のシーンを撮っていた。いつも渕は遅いはずだからと
思い後回しにしてしまった...今日あたりが天気予報からいうとラストチャンス。

いつも通りの前泊...長谷駅横で車中泊して早朝から撮影。長谷駅を生野に向かう最初の橋梁
でいつものように。
f0233120_2112444.jpg

次に渕地区に向かうが...やはり全ての田に水が入り定番の田んぼは田植えが終わっていた。
f0233120_20533514.jpg

しかし、その周りの田は逆にまだこれからなのか水が張られたばかりでいい感じ!!!
f0233120_20542473.jpg

光線の具合で今は線路端狙いより俯瞰かな?と。早速、大歳俯瞰へと登る。
f0233120_20554310.jpg

そこへやって来たのはラッピング車両の竹田城址号。
今日も走っているがこのラッピングも間もなく見納めに。次のラッピングに...
f0233120_20582113.jpg

ここからは上手く映りこまないのが分かった...また、この時季の光線はあまりよくないこと
が分かったので、ここでは粘らず即撤収し渕地区サイド俯瞰へ移動することに。
f0233120_2192118.jpg

正解だ!こちらからも風のせいもあったのだが...何とか映りこんでいるようだ!!!w
光線もサイドに当たって映りやすくなって条件はいい!あとは風だけ~
f0233120_21105423.jpg

なんとか水張りでの俯瞰の初撮りを収めることができた!
光線、天気がいい間に線路端で、再度チャレンジと急いで下山。
早朝時は逆光で車体がくすんでしまったが今はど順光。
f0233120_21192374.jpg

全てうまくはいかなないもので少し風に悪戯されました!w
f0233120_21201358.jpg

これにて終了!明日は湖北で四国のお仲間と凸の撮影があるので速やかに帰宅する。
一日でこれだけ...今年の播但沿線の水入りシーンが撮れてよかった!ww




by DF501C571 | 2019-06-08 21:21 | 気動車 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://df501c571.exblog.jp/tb/30636334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuruteturyojyou at 2019-06-08 23:00
今晩は、いい光線の中
気持ちよく撮影されましたね。
なんかスッキリしたんじゃないですか?
来年は播但線に行きたくなりました。
大歳俯瞰いいですね!どの辺ですか?
Commented by タブレット at 2019-06-09 20:37 x
よく撮影場所 知っとるね
下も 上も
光線状況含めて完璧な情報持ちやね

日頃の研究熱心さは随一
写真にちゃんと結果を出してるからすごいわ
Commented by DF501C571 at 2019-06-10 13:56
yuruteturyojyouさん
運動会のようでしたよ!WW
早朝から...下で撮って一つ斜面登って降りて、次の斜面
登って昼食べてから下山して...
また、下で撮って終了~WW
気持ちよく段取りよくいきましたが風には悪戯されました。W
来年と言わず今年度いらしてください!いいところですよ!
この撮影地は長谷駅と生野液の間...いわゆるハセイクと言
われている区間です。
その中で渕地区近辺です。
コメントありがとうございます。
Commented by DF501C571 at 2019-06-10 14:01
たぶさん
よく知っとるね~って。汗
俯瞰場所は自分で作った?所だからね~W

よ~く見てください~駅発車の橋梁以外全て渕地区の
とある田んぼ一面をメインにあっちからこっちからと
上から下からと撮影しただけで...全て列車は同じところ
でレリーズしています~WWW
コメントありがとうございます。
グーグルアースで見たら一発~汗


<< 2019年 湖西線の夕景      2019年 春のスローライフ号③ >>