人気ブログランキング |

ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 26日

2018年11月 紅葉真っ盛り播但線

秋色に染まった渕集落界隈

福知山まで所用できたのでこの快晴での紅葉風景を逃すわけには
行かないと思いちょっとの時間だが覗いてみた。
2018-11-18 播但線 渕集落大歳俯瞰
f0233120_2222496.jpg

陽が当たって欲しい斜面の角度が微妙...両方に当たるタイミングは一瞬なのか...
雲も出てくるのでなかなか難しい。
f0233120_2224413.jpg

一挙両得は無理なのかなぁ~
f0233120_2225519.jpg

f0233120_22263789.jpg

大荒れの天気さえ来なければまだまだ見ごろの紅葉具合...
あと何回獲れるのだろうか...w

by DF501C571 | 2018-11-26 22:27 | 気動車 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 24日

2018年11月 因美線秋のスローライフ号④

秋宴 美作スローライフ号

朝から色々美作河井駅周辺をロケハンしていたが返しはここと決めていた。
しかし、ここも結局影との睨めっこ…影の足は速い!
2018-11-11 因美線 松帚橋梁 9625D
f0233120_22404964.jpg

陽が当たっていた橋梁は影の中...わずか数分のこと。
f0233120_22423381.jpg


山影にある駅から列車はやってくる
f0233120_2244815.jpg

そして陽が当たっていた橋梁へ...ちょっとだけ陽が当たった
f0233120_2245444.jpg

二日間ご一緒したMさんとこれで撮影は終わりにしてまた、阿波温泉へ...

動画は露出失敗だらけですが...汗W




by DF501C571 | 2018-11-24 22:48 | 気動車 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 21日

2018年11月 因美線秋のスローライフ号③

秋のみまさかスローライフ号

因美線一番の有名場所は美作河井駅横にある松帚橋梁
ここも光線が難し~
2018-11-11 因美線 松帚橋梁 9624D
f0233120_22354340.jpg

この先の物見峠が通行止めでなのか去年より鉄ちゃんが少ない...相変わらず
寸前に追いかけ組が来てあちこちに車を止める...これはおり込み済み。
ここは手持ちでサクッと捉えて先回りをする。

ここは去年と同じポイントだが...ススキの群生が少なくなっていた!
2018-11-11 因美線 美作河井~那岐 9624D
f0233120_22413996.jpg

昨晩からこの地、阿波地区で宿をとりのんびりと。
朝食と温泉をゆっくりとっても本番まで十分すぎるほど時間がある。
河井駅周辺をロケハンしまくった!林道を入ってみたり崖を登ってみたりしたが
なかなかいいところはなく上り列車は上の二枚のポイントとなった。

ロケハンをしていて思ったこと...因美線沿線には集落ごとではなく字単位で
お墓があるようだ。
何処に行っても必ず目にとまるのがお墓でそれもしっかりと手入れがされている。
俯瞰ポイントと墓場...やはり字のご先祖様たちは子孫皆を見守るように一番
見晴らしのいい場所に鎮座されていることが多く撮影でお邪魔することが多い。

by DF501C571 | 2018-11-21 22:54 | 気動車 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 20日

2018年11月 因美線の夕暮れ

晩秋

今年は保線作業があったのか線路脇のすすきが刈られて少なくなっていた。
2018-11-11 因美線 秋のスローライフ号
f0233120_22282963.jpg

近くをロケハンしたけど、どうも今年はススキが不作のようだ。

by DF501C571 | 2018-11-20 22:30 | 気動車 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 18日

2018年11月 因美線秋のスローライフ号②

物見峠に向かう

智頭についてからすぐに折り返してくる9625Dには傾いてきた
陽射しとは言え順光だ!
2018-11-10 因美線 土師~那岐 9625D
f0233120_20121064.jpg

現地入りしてから数か所下見したが結局一番近くに構えて待つ
f0233120_20135923.jpg

即、撤収し那岐駅に停車中にその先に移動する。
ここはお寺の前、極楽寺
2018-11-10 因美線 那岐~美作河井 9625D
f0233120_20163314.jpg

この左に踏切があるがここからが定番とのこと。
f0233120_20173273.jpg

物見峠が通常では通行止めのようで(工事車両は通行できるようだが)遠回り
して美作河井駅へ。
今夜の宿の阿波温泉へと向かった...明日もロケハンから始まる一日かな...

by DF501C571 | 2018-11-18 20:20 | 気動車 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 16日

2018年11月 因美線秋のスローライフ号①

木漏れ日と紅葉

昼を過ぎると陽は傾き山影は静かに伸びてくる
2018-11-10 因美線 那岐~土師 9624D
f0233120_2365374.jpg

f0233120_221619.jpg

スローライフ号がやってくるこの日は朝から町では騒がしかった
f0233120_22173375.jpg


by DF501C571 | 2018-11-16 22:17 | 気動車 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 14日

2018年11月 因美線の日暮れ

秋の日はつるべ落とし

スローライフ号走る因美線の日暮れははやい。
2018-11-11 因美線
f0233120_2137052.jpg


by DF501C571 | 2018-11-14 21:37 | 気動車 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 12日

2018年11月 智頭急行線

紅葉真っ盛り智頭急行オールスター

因美線の撮影前に智頭急行線でも紅葉狩りをしてみました。
先ずは普通列車のHOT3500形を紅葉の瀧の前で!
2018-11-10 智頭線 あわくら温泉
f0233120_23314117.jpg

大阪へ向かう特急はくと号のHOT7000形
f0233120_23323964.jpg

岡山に向かうのはJR特急187系のいなば号
f0233120_2337853.jpg

この路線は1994年開業と新しくローカル風景の中を走っているが高架や高い
築堤区間が殆どで程よく狙う撮影場所がいきなり訪れて見つからない。
f0233120_23395945.jpg

高速道路も並走している区間も多い。
f0233120_23405814.jpg

数時間ウロウロして遊んだ後は因美線へ転戦~W

by DF501C571 | 2018-11-12 23:42 | 気動車 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 09日

2018年 初秋の播但線 渕カーブ

色付き始めた渕集落

播但線のハセイクでは一番の有名カーブ
渕集落にも秋の装いが始まった。
2018-11-3 播但線 長谷~生野 渕カーブ
f0233120_2223169.jpg

今年見つけた俯瞰ポイント。
ここも秋冬の光線になると撮影時間帯が少ししかなく難しい...
f0233120_2225485.jpg

回って来た太陽光だが高さが低いため右から山影が迫り始める。
f0233120_22293361.jpg

植林も多いこの辺りの山々。
そこに雑木が混じりこの時季にはいいコントラストになる。
まだこれからが播但線の紅葉の時季ですね。
f0233120_22282191.jpg


by DF501C571 | 2018-11-09 22:30 | 気動車 | Trackback | Comments(4)
2018年 11月 05日

2018年11月 播但線 真名谷の紅葉

斜光に輝く黄葉

順光より斜光、逆光で輝く黄葉、紅葉が美しいと思う...
谷が深いため谷まで陽がなかなか差し込まない。
2018-11-3 播但線 長谷~生野 真名谷
f0233120_20584100.jpg

早朝から登坂しタイミングを待つ...ここはどうしても夏以外はほぼ逆光になる
ので列車は真っ黒になるが風景重視だといい感じになると思っていた。
f0233120_2131693.jpg

f0233120_20595666.jpg

去年に河内の仲間と登ってきたところとは少し違って足元に見える川のうねり方が
よくわかる。
午前で下山したがこの時季の光線は非常に難しいなぁ~
天空の城カラーも黒くなりますね~w
長物はまかぜは奥のカーブで狙ってみるがやはりミミズですね。
f0233120_2185652.jpg

f0233120_21962.jpg

うす曇りなら丁度良いのだけど...今日はバリバリの晴天でした。
谷まで陽が射しこむときは既にほぼ逆光でした。
f0233120_21101058.jpg





by DF501C571 | 2018-11-05 21:12 | 気動車 | Trackback | Comments(2)