ローカル無人駅  

df501c571.exblog.jp
ブログトップ

タグ:稲成号 ( 21 ) タグの人気記事


2019年 01月 19日

2019年 SL津和野稲成号最終日②

ありゃ~やっぱり曇った!

最終日の返しはjさんと...恒例のうどんを食べ考えがあると
jさんが思う場所へ向かう。
二人して超お手軽カットを探るとjさんは河原へ、私は道端でスタンバイ!w
2019-1-3 8522ㇾ 高峰~白井
f0233120_1274930.jpg

トンネルを飛び出して夕陽の中へ~だったのに...泣
山肌も紅かったのになぁ~普通の冬山に。
f0233120_12101693.jpg

Jさんの真似するも中途半端に...光らないし足元の隠れ具合も中途半端
ピンも甘い?なんでやねん~WWW
f0233120_12132896.jpg

通過後、即撤収へ
そこへJさんも...残念やったね~と。
現地到着後、画角が決まるまではあ~でもないこ~でもないとおっさん二人して
ウロウロ...お互いに変態カットを探しながら。意外と面白かった!
残念だったのが紅い陽だった...Jさんは夕陽カットリトライの為に直ぐに
車を走らせた!短くご挨拶。次回は他所でも宜しくお願いしますね。
私はこちらも久し振りの柿木温泉へと雪が残る峠道を急いだ。
鉄どっぷりの三日間、楽しく過ごせました。ご一緒いただきました皆さん
ありがとうございました。



by DF501C571 | 2019-01-19 12:21 | SL | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 12日

2019年 SL津和野稲成号最終日①

ドッカンドッカンとホワイトスロープ

三が日最終日、天気予報では晴れ模様。これは白煙を逆光でと思いまたここへ。
白煙のエッジが光ればと狙うが...幕を張られたようになってしまった。
が、その瞬間ドッカンドッカンと煙を吐いた!!
201-1-3 8521ㇾ 田代直線
f0233120_1802613.jpg

その後はホワイトバレーさながら?辺り一面真っ白に...輝く煙...後ろ
からの光線を遮りるくらいに。
f0233120_1822244.jpg

一枚目のタイミングで後ろから陽が射せば思い通りだったけど。
f0233120_1831415.jpg

折角の晴れ間に顔が潰れるような光線状態で。
同じ考えだった三人で大満足のやまぐち号を見ました。



by DF501C571 | 2019-01-12 17:59 | SL | Trackback | Comments(4)
2019年 01月 11日

2019年 2日のSL津和野稲成号②

からっからに乾燥

二日目の返しも懐かしい場所へ...
最近は登り口が手前の場所が流行っているようなので奥に行って見ようかと。
気温は低いが湿度も低い...ここからの画、直線がS字なら二反田の穴蔵みたい!W
2019-1-2 8522ㇾ スーパーサミット
f0233120_2227546.jpg

待つ間は昨日に続いて今日も寒い!同じく露出もなくなってきた~
いい音と蒸気で登ってきたが...やはり湿度低く乾燥しているんだなぁ~泣
f0233120_22301988.jpg

吐き出された蒸気は真っ白で美しかったが上昇するとサッと消えて行く!
ちょっぴり残念!WWW
さぁ、急いで下山しないと足元が見えなくなる。明日が最後だ!

by DF501C571 | 2019-01-11 22:32 | SL | Trackback | Comments(4)
2019年 01月 10日

2019年 2日のSL津和野稲成号①

レリーズする瞬間

日の出と同じ...ドキドキしながら一瞬を待つ。
2019-1-2 8521ㇾ 二反田スーパー
f0233120_21564579.jpg

ここへは開拓者のきゅーさんと...一人では迷いやすいポイント。
急斜面はないが距離があり迷いやすく目印はピンクのテープだけ...
しかし、きゅーさんとなら間違いはないだろうとご一緒をお願いし登坂した。
今日は抜けも素晴らしい!...しかし、時間とともに天気は猫の目のように。
時には雪がパラパラと振り出したりで登り口より気温も2~3度低いようだ。
f0233120_221433.jpg

ここでも遠く仁保の駅から蒸気が見える!尾根向こうに蒸気が沸き上がり段々と
近づいてくるのがわかる。ワクワク感がピークに...
ちょっとだけだったけどいい煙でした!!

by DF501C571 | 2019-01-10 22:07 | SL | Trackback | Comments(4)
2019年 01月 07日

2019年元旦 SL津和野稲成号②

蒸気をまとって

津和野で恒例のうどん。正月とあって大繁盛、なかなか席に着けない~
お天気の具合と時間の兼ね合いでnさんとここで陣取る。ここも久し振り。
2019-01-01 8522ㇾ 白井ミニu
f0233120_2135911.jpg

待つ間に露出がなくなってくる...風は無いものみぞれも落ちてきた~寒い!
気温が低いうえに湿度たっぷり蒸気撮影には最高だが...
f0233120_2154697.jpg

凄い!給水温め器横のバルブからも蒸気が!デフにまとまりついて...
下からは排蒸気、煙突からも蒸気が!真っ白でD51の顔だけしか見えない!
また、デッキでは罐の紅い炎で真っ赤だ!
乗務員さんは大変だ、ご苦労様です。

by DF501C571 | 2019-01-07 21:13 | SL | Trackback | Comments(8)
2019年 01月 06日

2019年元旦 SL津和野稲成号

元旦のお題はいつもより多く撮ってみる

D51の動輪4輪を撮ろうと...いつも正面がちの画が好きで正面ばかり
撮っていてC57と違うボイラーの大きさの違い等は判る画は撮れたつもり
だが大きな違いの動輪の数。
2019-01-01 8521ㇾ 地福駅
f0233120_1314641.jpg

ここなら綺麗にサイドから編成込みで狙える!が、ドレーンで動輪が見えない...汗
でも...やっとサイドからすっきり撮れた!
f0233120_13152393.jpg

先ずは撮りたかった動輪が撮れました!あと、数を撮る事でしたがこちらは同行
頂いたお仲間のNさんに指南いただきながら移動の車内では色々と楽しい話を...
しかしお天気ははっきりしないもの湿度がある元旦。蒸気ショーの一日でした。
2019-01-01 8521ㇾ 渡川駅
f0233120_13214355.jpg

f0233120_13223936.jpg

f0233120_1322950.jpg

ケーブルが目障りではありますが国道向こうから長く見れるのでなかなか
楽しい場所!
そして地福、最終の徳佐駅先と。
f0233120_13242487.jpg

好きな縦位置ばかりで~W
f0233120_13245770.jpg

ここではポジ君カットの真似と場所を探すも...高さが違うかなぁ?W
f0233120_13252945.jpg

今日は湿度が高いので返しは棚引くD51を撮るために山登りか?

by DF501C571 | 2019-01-06 13:29 | SL | Trackback | Comments(6)
2019年 01月 04日

2019年 SL津和野稲成号 大山路

2019年 謹賀新年

2019-01-01 大山路踏切
f0233120_14315389.jpg

大山路踏切~第一踏切
f0233120_1433737.jpg

数年ぶりに正月を山口で過ごして撮影してきました。
現地でお会いしました皆さん、お付き合い有難うございました、今年も
よろしくお願いいたします。

by DF501C571 | 2019-01-04 14:35 | SL | Trackback | Comments(10)
2015年 01月 01日

2015年 謹賀新年

謹賀新年
明けましておめでとうございます

今年も昨年同様親子共々仲良くしてくださいね!
宜しくお願い致します。
f0233120_23561256.jpg


by DF501C571 | 2015-01-01 23:57 | 親父 | Trackback | Comments(20)
2013年 01月 19日

2011年 大雪でのやまぐち稲成号

雪景色…降雪もほどほどがいい

初めて正月を山口で過ごした。
そしてSLを雪と絡めて撮ることができた…しかし、この年は大雪だった。
セットしたときはパラパラだったので長玉でカーブからの飛び出しを狙っていた。勿論置きピン。
15時を廻った頃から大雪になり視界が全くきかなくなってきた。レンズを交換してももうピントが合わせられ
ない!ただ、神に祈ってシャッターを押した。
一度アップした画ですがどこ押したらいいかも解らず必死に凝視してシャッターを押した一枚です。
2011-01-01 9522レ 高峰トンネル56キロ
f0233120_21552685.jpg

今年も爆弾的な大雪が降っていますが撮影時はパラパラいいですよね~ww汗
2013年も雪景色が撮れるだろうか?

by DF501C571 | 2013-01-19 21:57 | 親父 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 12日

紅いHMのSLやまぐち稲成号

雪景色に紅いヘッドマーク

今年は年始年末と撮影に出かけられなかったが去年と違ってあの紅いHMを
掲げて紅い奴に押されての運用だった。

仲間が雪景色のやまぐち号をアップされていたのに刺激され以前の作品を再度アップ
してみる。
来る前はお日様も出ていたのだがこの時間にはハラハラと雪が舞って最高だった。
2011-01-01 9521レ
f0233120_16534538.jpg

この時はまだここは伐採が始まっておらず鬱蒼としたままだった…ここが現在のように
伐採されるとはこの時はまだ知る由もなかった。
いつでも呑気なてっちんです。
f0233120_16554577.jpg




by DF501C571 | 2013-01-12 16:59 | 親父 | Trackback | Comments(2)